口臭の原因や理由と口臭におすすめされる方法

2020年09月04日

健康

口臭は人と接する際のエチケットの中でも気になる人は多いと思います。

その口臭の原因や理由と食べ物や食事に生活習慣など、口臭におすすめされる方法についての報告から予防のヒントを探ります。

口臭の現実について:

口臭については世界でも多くの報告があり、知られるところでは、世界で4名中で1名に影響すると報じられるほどです。
多くの場合は健康的ではない口腔衛生が原因ともいわれています。
例えば、食べ物の粒子が口内に残り、その細菌が原因になっていることは周知のとおりといえます。
その口臭のおすすめの解決方法は一般的に歯磨きや歯の隙間の掃除、水分補給、虫歯や歯周病治療などといわれますが、他の原因やおすすめ方法には何が考えられるのでしょうか?

 

口臭の原因や理由について:

上記以外に口臭の原因や理由について挙げられることが多いのは下記にも含まれるようです。

 

・食べ物や食事:

食べ物や食事が口内に残っていること以外にも、ニンニクやキムチ、玉ねぎなど一部の食品が口臭の原因や理由になっていることが紹介されています。

 

・水分不足:

水分が不足することは、口内が乾燥する原因につながります。
乾燥が原因で口臭を高めることも考えられるようです。

 

・消化不良や食品不耐性:

食べ物や食事が十分に消化されず食品不耐性などがある場合も口臭の原因や理由に考えられます。

 

・喫煙:

タバコを吸う事で歯周病が発生する可能性があるとのことです。

 

・化学薬品物質:

人工的につくられた食べ物や食品、薬剤、飲料などは自然界の食品などよりも消化、分解や吸収がされにくく、口臭の原因につながることもあるようです。

 

・喉や鼻の機能低下:

口臭の原因はその周辺に位置する鼻や喉の影響も受けることが報告されています。
とくに細菌や感染症などが口臭の原因になっていることもあるようです。

 

・臓器の症状や病気:

臓器機能が低下している場合、口臭を引き起こす原因になっていることも考えられています。
腸ひとつをとっても、腸内環境が良い状態ではなかったり、食事で食べた食品が不自然な状態で残っていたりすることも口臭の原因になりえます。

 

・善玉菌を多く保つ:

善玉菌が多く保つは、炎症や感染症、免疫が落ちにくくなることを予防することにつながります。
そのため発酵食品などに含まれる善玉菌につながるプロバイオティクスなどの菌を多く保つ食品や食べ物を増やすことは予防につながりそうです。

口臭予防におすすめ方法:

では、口臭の予防にはどのようなことが考えられているのでしょうか?
まずは、上記に挙げられたことを避けることが予防につながるということにもなります。
それ以外でも直接的な口腔ケアであれば、食後の歯磨きや歯と歯の間を掃除するデンタルフロス、舌を磨いたり、嫌気菌が多い場合は液体マウスケアもおすすめされていますが、同時に殺菌や除菌し過ぎることは他の症状の原因にもなりやすいので留意することがおすすめです。

上記は自分で予防的に生活習慣でできることですが、歯科を訪問し、相談することで専門家からのアドバイスだけでなく、口腔ケアもしていただけるため、基本的なおすすめの方法と言えるのではないでしょうか?

 

参考にした情報:
PMID: 29447997
PMID: 25399224
PMID: 31366612
メディカル・ニュース・トゥデイ公式サイト記事166636

オンラインショップ