目や目尻のかゆみの原因とおすすめ対処法?

2020年07月17日

日々の家庭生活や仕事で今まで以上に目を使う機会が増えているように思います。

そんな中で、目や目尻等のかゆみを感じる人も少なくありません。

目や目尻のかゆみの原因とおすすめ対処法が紹介されています。

 

目を使う機会が増えている現代社会:

現代は昔と比較して、目を使う機会が益々増えていると言えます。
新型コロナウィルスを取り入れた新しい生活様式は学び方や働き方も大きく変えることになりました。
人が集まる場での勉強や仕事が減って、画面と向き合う時間が増えていることが一般的と言えます。
そうなったことで、目の不調を訴える人も増えているようです。
今回は目や目尻のかゆみの原因と、それらの症状が出た際におけるおすすめの対処法が報告されていますので、生活に活かすヒントにしていただければ幸いです。

 

目に関連する不便さや不快の症状例:

目に関連する症状においても、不便さを感じたり、不快に思う症状があります。
以前に増して、目が乾燥するドライアイ、目やまぶた、目尻や周辺などのかゆみや痛みを経験している人も多いかもしれません。
目を酷使することで、多くの人は、涙が通ったり停まる場所である目の隅の部分にかゆみも経験しているのではないでしょうか。
ほとんどの場合は無害のようですが、その症状が続くことで慢性化すれば、話は変わってくるかもしれません。
目については、30以上もの症状や疾患がある上、頻度も高いことも報告されています。
それは、よく使う上、空気にもさらされる裸の状態ゆえに、ウィルスやバクテリアなどの感染も発生しやすいことも原因の1つといえます。
では、実際に目に関連する症状や原因はどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

目に関連したり原因となる症状例:

良く挙げられる症状や原因の例には下記があります。
・細菌やウィルスの感染
・アレルギー反応(日本では花粉の時期は特に季節のアレルギー反応が増える)
・目を酷使することの反応(目の乾燥であるドライアイやかゆみなど)
・角膜炎と呼ばれる目の炎症
・目が充血したりするピンク目
・排気ガス、花粉、化学物質、ホコリ、動物の毛などの影響
・発熱、風邪や疲れなどの症状から
・粘液分泌
・下まぶたの内側の隅の腫れや痛みなどの炎症
・お化粧やメイク、ヘアケアやパーソナルケアの影響
・コンタクトレンズ
など。

では、目に関連する症状や原因にどのように対処することが一般的と言えるのでしょうか。
下記が良く挙げられる対処方法の例です。

 

目や目尻のかゆみにおすすめの対処法:

・目を疲れさせないように予防する
・目や顔、手を良く洗う
・汚れた手で目をこすったり、さわったりしないように意識する
・清潔なハンカチやタオルなどを使用する
・ホコリや汚れ、密接な場所などを制限する
・お化粧をした後は、しっかりメイクを落とす
・人との共有を制限する
・眼鏡やサングラスの活用
・コンタクトレンズを使用する場合は、きれいに保つ
・ブルーフィルターの活用
・スマホやモニターの画面を見ている時は、意識的に休憩やまばたきをする。
・お風呂に浸かる
・木や植物の緑、自然界に癒される
・近くを見たり、遠くを見たりを繰り返す
・正面だけではなく、目を上下左右に動かす
・野菜や果物を食事で増やす
・加工食品やアレルギー反応原因食品を制限する
・ポリフェノールの摂取を増やす
・プロバイオティクスを含む食品を補う
・点眼薬や抗ヒスタミン薬を処方してもらう

 

目の乾燥、目のかゆみや痛みなどの炎症が1~2週間以上続く慢性的な症状の場合は、早めにかかりつけ医に相談されることがおすすめです。

 

参考にした情報:
PMID: 31490785
PMID: 28118668
PMID: 31643232
PMID: 29552874
PMID: 27442711
メディカル・ニュース・トゥデイ(英語版)記事:itching-in-corner-of-eye アクセス日:2020年7月10日

オンラインショップ