肝臓機能予防と保護におすすめされる食べ物や飲み物とは?

2020年06月01日

グルテンの食べ物と慢性疲労

肝臓は昔に増して大切な臓器として知られます。

その肝臓の機能予防と保護におすすめされる食べ物や飲み物例とはどのようなものが挙げられるのでしょう?

 

肝臓の働きが大切な理由?:

肝臓の働きの中には、私たちの健康を守る大切な役割が多く含まれています。
そのために肝臓の予防や保護は健康で生活するためにおすすめといえます。
では、肝臓の働きにはどのようなものが含まれるのでしょう?

肝臓が持つ働きの1つは、デトックスでいわゆる解毒作用です。
現代は昔とは異なります。
自然界には存在しない添加物や、化学物質、環境汚染物質などが体内に入ると肝臓で解毒をし、排出する働きが必要です。

肝臓が持つ他の働きで、日本人にはとりわけ大切になっているのが、食べ物に含まれる炭水化物を分解する作業です。
炭水化物を多く食べ物に含むことが一般的で、それらは肝臓で分解される必要があるのです。

もう肝臓の働きについて知られるのは、胆汁をつくることです。
食べ物や飲み物の栄養素をきちんと消化したり、吸収したりして予防や保護的な働きが含まれます。

上記の他にも、主要な栄養素の代謝、血液量の調節、免疫のサポートなど他にも肝臓の働きは多くあります。

 

肝臓と脂肪の関係である脂肪肝の非アルコール性脂肪肝疾患の主な原因?:

肝臓と脂肪の関係について考えると、脂肪肝が思い浮かぶ方も多いかもしれません。
お酒に含まれるアルコールが肝臓に付いた状態が一般的に考えられるイメージかと思います。
近年は一滴もお酒を飲まない人でも肝脂肪と診断される人の数はとても多いことがわかっています。
その場合は非アルコール性脂肪肝疾患と呼ばれます。
非アルコール性脂肪肝疾患は世界的にも慢性の肝疾患でもあります。
その主な原因として考えられているのが、メタボで知られる肥満が原因の症状です。

メタボや肥満の原因でも結びつきやすいのが、食べ物や読み物と食事ではないでしょうか?
沈黙の臓器と呼ばれる肝臓機能の予防や保護にはどのような食べ物や飲み物がおすすめされるのでしょうか?
今回は日本でも馴染の深い食べ物や飲み物の4種類をご紹介します。

 

緑茶:

世界的に健康飲料としてのイメージが定着した緑茶。
ここまで広がった要因は、多くの研究報告にあるとも言えます。
ある研究では、成人人口で1日4杯程度まで緑茶を飲んだ時に明確に肝臓がんの発生率が低くなっているという報告があるそうです。
緑茶を4杯も飲まなくても、摂取の年数が増えるだけでも肝臓がんの発生率は低い傾向になるのだそうで、日本人には特に嬉しい情報です。

 

コーヒー:

日本でも消費が増えていると考えられる飲み物のコーヒー。
コーヒーを飲むことで、肝臓にある脂肪の蓄積を減らすことができているとの報告があります。
また、コーヒーに含まれる物質が、肝臓内での抗酸化物として働き、肝臓の酵素によって癌を引き起こす物質を身体の外に出そうとしてくれるようです。

 

オリーブオイル:

エキストラバージンオリーブオイルには、肝臓保護効果があるそうです。
脂肪肝だけでなく、脂肪の過酸化抑制効果も認められているようです。

 

プロバイオティクス:

脂肪肝をはじめとする肝臓疾患患者134人を対象とする調査では、プロバイオティクスでインスリン抵抗性を改善する結果が導かれたとのことです。
プロバイオティクスと肝臓の予防や働きは新しい発見とのことで、腸内以外での臓器にもプロバイオティクスの働きが認められたことがニュースになりました。
発酵食品を食べる機会が多い和食は特に良いプロバイオティクスのおすすめ摂取方法と言えるのではないでしょうか?

 

 

参照:
PMID: 29112863
PMID: 15060205
PMID: 15795412
PMID: 28095030
PMID: 25291138
PMID: 29141573
PMID: 24187469

 

オンラインショップ