お金をかけずに低体温改善とがん予防を同時にする3つのおすすめ方法

2019年10月23日

低体温もがんは共通して日本で増えている現象といえます。

お金をかけずに低体温の改善とがんの予防を同時に行うことが可能なおすすめの3つの方法をご紹介します。

日光浴をして太陽の恩恵を受ける:

太陽の光を浴びる時間が年々減っていると言えるのが現代です。

10年前と比較するだけでも、太陽に光に浴びる平均的な時間は減っているといえるかもしれません。

日光浴は睡眠に関係するホルモンのメラトニンを調整したり、免疫や感情とも関係が深いビタミンDの生成を体内で行ってくれる貴重な存在です。

太陽を浴びる時間が減ることは、身体の体温を低くしている原因になっていることが考えられます。

以前は外に布団を干して殺菌していたように、太陽の光を浴びることで色んな恩恵を受けることができるために、おすすめといえます。

歩く:

日光浴と並行して、外に出ることが減ると、歩く距離も自然と短くなることが一般的です。

歩くことは代謝を上げたり、リズムをとることで感情や自律神経が安定したりするためにホルモンや自律神経のバランスも整う役割も担ってくれる優れた動作といえます。

ダイエットでも同時におすすめなのは、早歩きです。

早歩きをすることは、代謝も上がりやすく、筋力も使いますので、低体温の予防にもなりやるいといえそうです。

シャワーよりお風呂に浸かる:

忙しい毎日、一人暮らし、節約などを考えるとお風呂よりもシャワーで済ませたいと思うかもしれません。

ただし、シャワーにすることで勿体ないこともあります。

例えば、お風呂の方がリラックスしやすく、汚れも取れやすく、自律神経も整いやすく、代謝も上がりやすく、熟睡しやすく、低体温の予防にもなりやすいなどなど。

低体温やかんを患う人の多くはお風呂よりもシャワーで済ませる確率が高いという報告もあるようです。

低体温の場合は、がんをはじめとする病気との関りやリスクが一般的に大きくなることが考えられます。

体温が1度下がることで、免疫力は30%程度下がるとも報告されます。

今日ご紹介したおすすめの3つの方法は、お金をできるだけかけず、多くの方にとって平等の予防や改善方法とも言えるのではないでしょうか?

 

情報源:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27364162

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24015203

NPOイーマ(第145回)定例会健康セミナー
2019年2月15日開催
テーマ:もうがんは怖くない。今日知的な早期がん発見法と最も効果的な治療法
講師:小林常雄医学博士


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ