がんになる原因と予防と数字による統計と

2018年08月03日

健康と予防

がんになる原因と予防に関係してくる数字による統計が様々報告されています。

信頼できる研究機関や調査報告の文献を知ることでがんの予防のヒントになったり、原因になるものを遠ざけたりするだけでも予防になりうりそうです。

アメリカのがん協会の発表によると、アメリカ国内では毎年100万人以上もの人ががんを発見していることが報告されています。
喜ばしいニュースとしては、がんが発見されたとしても、早期診断や発見、治療などによって3人中2人の計算になる75%の人においては、5年以上の生存が確認されており、その数値というのは2020年には人数としては181万人の計算になり、2010年度の発表と比較した場合においてその数値は30%も改善していると少なくとも統計上は、アメリカ国立がん研究所は伝えていますので、がんが発見された場合でも、いかに5年の生存率が上がってきているかがわかります。
また、2010年の場合、生存者が増えていることもあり、がんの治療に使われた費用としては、日本円に換算すると17兆4,300億円にのぼっていることも同時に伝えられていました。

がんの原因に関係する数値と統計:
がんに関係するあるいは原因や予防とのつながりについては、他にも数字や統計として報告されているものがあります。
例えば、がんと遺伝子の関係は、以前から他に掲載されていた情報を基に報告した例がありますが、今回の報告書の中にも同様にすべてのがんの種類においても、がんの原因になっている可能性として考えられている数字としては、親からの遺伝の確率で5~10%程度の範囲に収まっているとのことでした。
ということは、がんの原因になると考えらえるのは、遺伝子と関係している点では5から多くても10%で、90%以上はそれ以外の原因が考えられるということになります。
特に強調されているように感じる原因の中に含まれているものとしては、食べ物や食事、食生活や食習慣、生活習慣や環境といったキーワードがよく出されているように思います。
また、運動においても無関係ではなさそうです。

運動とがんの原因と統計による数字:
運動は一般的に若い時と比較した場合に、多くの方にとっては時間がないなどの理由からも、運動をする頻度や時間は働いたり、子育てをしていたりする場合などにも減ってくることが一般的ではないでしょうか。
統計上の数字においては、適度な運動を定期的にすることでも、臓器に関わるがんの原因やリスクを25から50%も減らしていることにつながっていると報告されています。
他の報告では、1週間の間に合計で3~4時間程度歩くだけでも、がんになる可能性やリスクは減るとのことでした。
がんの原因やリスクが運動によって最大50%も減るというその数字の裏には、どうやら運動をするイコール太りにくなり、その結果としてリスクを下げる傾向にあるという点もありそうです。

 

参考にした文献:

National Institute of Health03-2039 2003年8月
Cancer and the Environment.
https://www.niehs.nih.gov/health/materials/cancer_and_the_environment_508.pdf

 

Physical activity and colon cancer preventions:
a meta analysis
br Journal Cancer 2009;100(4):611~616

オンラインショップ