カンジダ菌関連に共通する症状と食事法のおすすめ

2017年01月13日

アレルギー

 

カンジダ菌に関連する症状は日本でも増えていることが考えられます。

カンジダ菌に共通したり、疑いがある症状を知ることと食事や生活習慣の見直しがおすすめです。

 

カンジダ菌自体は悪くないものの、増えすぎた場合には様々な不調が出ることが少なくないようです。

カンジダ菌が増えすぎた場合、改善をしてもまた増えやすい状態が続くことからも、なかなかやっかいであることでも知られています。

下記のような共通したり疑いが考えられる症状例も報告されていますので、気になる場合は参考にしてみはいかがでしょうか。

・疲れがたまりやすく、慢性疲労のような状態が続いている。

・食事をした後にきちんと消化していないように感じたり、お腹が張った状態が続くことがある。

・ガスやゲップ、便秘や下痢が多い。

・湿疹や乾癬、じんましん、覚えのない肌荒れ、鼻の頭に赤いできものなどができやすい。

・お腹や性器周辺、耳などかゆみが出ることが多い。

・記憶力や集中力に問題があると感じる。

・感情にブレが生じやすく、過敏にものごとに反応する。

・爪やくちびる、皮膚の表面が腫れぼったくなったり、ルーパスができたり、気なるできもののようなものが出る。

・運動以外で関節に痛みが出ることがある。

・季節のアレルギーを感じることが多い。

 

共通する症状意外にも、下記のようなことを最近行なったり感じたり、食事で習慣になっていたり、生活習慣になっていたりする場合もカンジダ菌が増えすぎている時に考えられることもあるようです。

・毎日甘いものや間食が必要。

・コーヒーやお酒は日々の生活で必ず必要。

・大きなストレスがあった。

・抗生物質を飲むことが時々ある。

・避妊薬やホルモンピルなどを飲んでいる。

・毎日の食事にパンか麺類が含まれている。

 

以上のことがカンジダ菌が多い場合に比較的に報告されているように思いますが、当てはまる場合におすすめしたいのは日々のお通じを確認することです。

カンジダ菌関連に限らずいえることですが、上記に多く当てはまる場合には、まずは腸内環境を改善することがおすすめです。

腸内環境が整ってくると、午前中に毎日お通じがあり、ゲップやガスは無くなり、臭いも臭くなくなってきます。

食事の習慣の中に小麦粉を使用している食べ物が含まれる場合は控える方が無難ですし、甘い食べ物はカンジダ菌を増やしやすいので同様といえます。

 

 

参考にした情報:

エミー・マイヤーズ医学博士

カンジダ菌クイズ

メールマガジンより

 

関連するおすすめ記事:

アレルギー反応予防におすすめの食べ物と避けたい食品

カンジダ菌感染予防とプレバイオティクス

カンジダ菌とかゆみに注意したい食品とおすすめの食べ物

化学物質過敏症

急な腹痛の過敏性腸症候群IBSにおすすめと予防のコツ

橋本病と自己免疫の甲状腺がなかなか良くならない理由

副腎疲労や慢性疲労におすすめの食べ物や生活習慣

 

オンラインショップ