アレルギー不耐性や過敏症の原因

2016年01月18日

反応

 

日本でも大人だけにとどまらず、子供にも食べ物に敏感に反応するアレルギー不耐性や過敏症は増加の一途を辿っているといわれています。

アレルギー反応や不耐性、あるいは過敏症にどう対処できるのかのおすすめを専門家からヒントを得ることができます。

 

 

私たちの身体とアレルギー

アレルギーもそうかもしれませんが、日本ではアトピーという言葉は1980年前後頃から多くの人に反応を示すようになったのだそうです。

アトピーという言葉の語源については、異質なとか、変わったというような意味を持つのだそうですが、今となっては異質でもなく極めて一般的な人に多くなるまでにアレルギーもアトピー性皮膚炎という言葉も浸透しています。

 

アトピー性皮膚炎を含むアレルギー反応、あるいは一定の食べ物についての不耐性や過敏症も昔はなかったという言葉を耳にしますが、なぜなのでしょう?

 

 

人類とアレルギーと歴史:

人類の歴史は長いことはいうまでもありませんが、今から100年前にさかのぼってみると、長い歴史の中のわずか100年だけでも、当時には存在しなかったものが無数に存在します。

当時は存在していなくても、いつのまにか常に身の回りにないと心配になる人も多いと思われる携帯電話をはじめとする無線を含む電磁波は最たるものですし、家の内外、公共施設や移動中においてもそれらは私たちの生活と密接な関係を築くまでに成長しました。

 

電力を使用するサービスにとどまらず、私たちが普段から口にする食べ物でも添加物やGMで知られる遺伝子組み換え作物、品種改良、人工的なあるいは不自然な油なども以前には存在しなかったものが数多く存在するだけではなく、常に私たちの生活の一部として定着しています。

 

果たして私たちの身体も何千、何万年と続いてきた習慣からほんの最近になり急速に発展を遂げた100年の物質文明についていけるものなのでしょうか?

 

 

アレルギー反応や不耐性、過敏症など:

アレルギー反応や不耐性、過敏症などは体内で受け入れきれない身体からのメッセージや反応ともいわれます。

 

体内の免疫組織は今も、1年前も変わっていないことが報告されています。

 

身体はバクテリアや菌などの一部には受容性や許容性をもって働くものの、昔には存在していなかったあるいは少なくとも自然界には存在しないケミカル(化学物質)や多くの添加物、遺伝子を操作された食べ物、人工的につくられた不自然な油、あるいは電磁波などには対応するように身体はつくられていないと多くの専門家は述べています。

 

これらのことにどう対応するかは難しいところではありますが、近日中にアレルギーについての対処のおすすめもご紹介したいと思います。

 

乳酸菌ビフィズス菌プロバイオティクス

アレルギー

グルテンアレルギー

慢性疲労と副腎疲労

過敏性腸症候群

LGSリーキーガットシンドローム(腸管壁浸漏症候群)

グルテン過敏症

セリアック病

腸内細菌

腸内フローラ

乳酸菌

ビフィズス菌

プレバイオティクス

プロバイオティクス

マイクロバイオーム

オンラインショップ