カルシウムとストローク(発作)

2009年05月13日
作はヨーロッパやアメリカでは死に至る原因としては、2ないし3番目に位置しています。
日本の筑波大学が行ったカルシウムの摂取と発作を含む心臓病のリスクの調査で、下記のような結果を報告していることが掲載されています。
13年間にわたり、41,526人の日本人(40-59歳の男女)に行われた調査の結果、同研究チームは日々最も多くカルシウムを摂取している男女が発作のリスクを30%軽減したと報告。

【カルシウムを多く含む食品例】
豆類、乳製品、小松菜等の青菜類、海藻類など。

参考:Best of Naturopathic(自然療法士)Mesicine Townsend Letter Feb/Mar 2009 #307/308.
Anti-Aging Medicine P67. More Calcium Reduces Stroke Risk.
上記は研究報告であり、カルシウムやミネラルなどの効果効能を示すものではありません。

CATEGORY

Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3331
オンラインショップ