自己免疫疾患の予防によくある症状例で確認

2020年04月17日

健康

世界的に増加中とされる自己免疫疾患の予防には、よくある症状の例を確認しておくことがおすすめです。

自己免疫疾患に発展する前の予防策のヒントを探ります。

そもそも自己免疫疾患とは?:

自己免疫疾患について聞いたことがあっても、どのような状態や症状のことかを知ることがおすすめです。
自己免疫疾患とは、私たちの身体は病原体から守ってくれるはずの機能が調整しくい状態になることです。
免疫組織がおかしくなることが原因で、異物を排除しようと正常な細胞にも反応して攻撃をすることといえます。
正常な細胞に攻撃をすることは、様々な病気に発展しやすくなるために、その手前で予防しておくことがおすすめです。

自己免疫疾患によくある症状例を知る:

自己免疫疾患の予防のために、どのような症状が挙げられるのか、よくある症状例を知っておくことがおすすめといえます。
下記は自己免疫疾患の研究を積極的に行うアメリカの機関による症状例の報告です。
質問に該当するかどうかを確認してみてください。

・食事で食品を食べた後に下記のような症状が良く出ていないか?
-ゲップ
-ガス(おなら)
-下痢
-便秘
-かゆみ
-疲れ
-お昼の食事の後に睡眠時間が必要

・睡眠障害がないか?

・大きなストレスを感じて慢性疲労に陥っていないか?

・体調を崩しやすいか?

・体調を崩した時、良くなってから悪くなるなどを繰り返していないか?

・風邪やケガの治りが遅いか?

・料理の容器にプラスチック容器を使用していないか?

・アレルギー反応はないか?

・色とりどりの野菜や果物、植物性食材やたんぱく質を日々摂取しているか?

・ビタミンやミネラルを補給しているか?

・女性の生理前後に体調が大きく乱れていないか?

・トラウマがないか?

・感情の抑揚が激しくないか?

・ホルモンバランスは崩れていないか?

・殺菌剤や除菌剤をよく使用していないか?

・基礎体温が36.2度より低くないか?

・Wi-Fiを家庭内でずっと使用していないか?(不要な時は切る)

・自然界には無い香りや匂いに反応しすぎないか?
など。

上記の質問に当てはまる数が多いほど、自己免疫疾患の症状は出やすい傾向にありそうです。

予防的に避けるようにすることが賢い選択といえそうです。

引用:
Caplan Health Institute公式ホームページ
The Lupus Solution
自己免疫疾患に対して共通する引金

オンラインショップ