抗生物質の過剰摂取を避けたい予防におすすめの自然界の5栄養素

2016年04月11日

腸内細菌と腸内フローラに

 

抗生物質はいざという時に力を発揮してくれる存在であると同時に腸内の悪玉菌だけではなく、善玉菌にも影響することから、過剰摂取を心配する人もいるのではないでしょうか。

予防に天然界の栄養素で抗生物質程の力は無くてもおすすめされる成分を知っておくと便利です。

 

抗生物質は威力があり、安定度も申し分無い為とされるだけに、いざという時に安心できる薬です。

一方で摂取しすぎることは、腸内環境をもとの善玉菌レベルまで戻すのにその分日数が必要なことや、いざという時の対処について心配されることが有るのも確かかと思います。

 

抗生物質の代わりにはなれないものの、病院に行く程ではないちょっとした時に広くおすすめされる栄養素は下記のとおりです。

 

プロバイオティクス

腸内細菌や腸内フローラをはじめとする腸内環境内の善玉菌と深い関連を持つ乳酸菌プロバイオティクス。

腸内がきれいになることは抗生物質の過剰摂取や予防にもつながるといえます。

 

オレガノオイル

オレガノオイルは言わずと知れた強力な抗菌成分で、カンジダ菌や寄生虫対策にも使用されることがあります。

 

グレープフルーツシードエキス(GSE)

自然界の抗生物質とも呼ばれるGSE、グレープフルーツシードエキス。

強力なエキスのために使う時に少々気を使う液体型のエキスと、サプリメントとして使用されるグレープフルーツシードエキスがあります。

 

キャッツクロー

アマゾンが生んだ恵みのハーブエキスで知られるキャッツクロー。

アメリカのようにHIV(エイズ)薬の価格高騰の影響で、抗ウィルスサポートとして、予防にもおすすめされる成分の1つで知られるキャッツクローです。

 

ビタミンD

太陽のビタミンで知られ、カルシウムの働きを助け、インフルエンザやウィルスなど寒い時期には特におすすめされるビタミンD。

近年は冬の免疫力が落ちやすい時期や太陽に当たる時間が少ない時期だけではなく、食べ物から補いにくいことや多くの人が不足気味な栄養素であることからも、欧米では一年を通しておすすめされる人気栄養素になっています。

 

乳酸菌ビフィズス菌プロバイオティクス

関連する情報:

 

腸内細菌

腸内フローラ

乳酸菌

乳酸菌とプロバイオティクスの働きや効用

ビフィズス菌

プレバイオティクス

プロバイオティクス

マイクロバイオータ

マイクロバイオーム

 

善玉菌

オンラインショップ