【キャッツクロー Cat's claw】

ふしぶしや上り下り対策にキャッツクロー

キャッツクロー

キャッツクローとは?

ペルーのアマゾン奥地にて標高が400~800メートル程度の高さにて自生するキャッツクロー(キャッツクロウ)はウニャデガトともスペイン語で言われる植物です。そんな奥地でも1ヘクタールで2~3本しか育たない程に周辺の栄養素を吸収して成長することがわかります。


キャッツクローの名前の由来は、葉の付け根部分には猫(キャッツ)爪(クロー)に似たトゲのようなものが付いていることから名づけられたとされています。ウニャデガト又はキャッツクローはインカの時代から、先人より伝わる奇跡の植物としてペルー政府も品質管理も含めて力を入れていることで知られます(ページ下部に続きます)。

キャッツクロー
キャッツクロー

キャッツクロー

キャッツクロー 高純度 1粒565mg入サプリメント

キャッツクロー・プレミアムエキス
キャッツクロー・プレミアムエキス

キャッツクロー・プレミアムエキス

TOAsや溶剤も不使用のサプリメント

■アルカノイドやタンニンを含む成分:

キャッツクローが長年にわたり、愛し続けられているかのカギがあるようです。アルカノイドやタンニンをはじめとする多くの有効成分が効果的に働くことも注目を浴びています。キャッツクローの中には6種類程度のアルカノイドやカテキンで知られるタンニン、フラボノイドビタミンB群をはじめとするビタミン類、12種類以上のミネラル類も豊富に含まれているところにあります。


■豆知識:

キャッツクローはハーブの一種で、アマゾンの奥地に自生しています。アマゾンに住んでいる原住民の間では、万能薬として紀元前から親しまれている薬草です。現在世界的に需要が高まっており、ペルー政府がキャッツクローの保護のために法律を施行して、キャッツクローの生態系を守っています。キャッツクローに含まれている成分には、インドールアルカロイド類があり、マラリアの特効薬や高血圧治療に使われる物質が含まれていますので、医療の分野では医薬品として用いられています。


■キャッツクローのサプリメント:

キャッツクローの知名度はペルー政府の販売についての促進効果も手伝い、今では日本を含む欧米の自然療法や医療においても炎症や免疫に関係する現場で幅広く使用されていると報告されています。健康と関連する健康補助や促進のためのサプリメントとしてもキャッツクローの知名度は高く、何年にもわたり注目を集めています。


■ペルーとキャッツクローの現状:

本場のペルーでは、キャッツクローの生育されているものの、販売量が増えた結果、懸念点も無いわけではなさそうです。それはどこででも生育できるということではない点にあり、限られた地域で生育されるキャッツクローならではと言えます。ペルーの中央に位置する高地とされる地上400~800メートルにあるアッパージャングルと呼ばれる限定された地域で育つ為、天候不順や木の伐採も心配されるところです。又何よりもキャッツクローはアマゾンの奥地でも1ヘクタールに対して、わずか2~3本しか自然界には存在しないとされています。

■続いているキャッツクローの研究:

薬効植物と言われるのは医療の現場による症例も多いことが挙げられます。国内外の医療や教育機関での研究により、元気の源と大きく関わる活性酸素やマクロファージ、リンパ球とキャッツクローが深く関わっていることが報告されており、サプリメントとしてのキャッツクローの販売量も増えています。


■販売が促進される裏では:

数多く存在するハーブやエキス等の中で、キャッツクローのように人気や研究が進む植物やハーブには共通点があるようです。それはキャッツクローが自生する環境に関係し、ペルーのアマゾンでも更に奥地で高地のような誰も入りたがらない場所に原木は存在し、中でも1ヘクタールに2~3本しか生えない程にキャッツクローは土壌の滋養や栄養素を周辺から大きく吸収して成長しているのです。


■発がん物質とインカ料理:

あるドイツ人の関与無しでは現在のキャッツクローは存在していなかった可能性があります。1926年からインカの現地で住みついたブレル博士が現地の人々の食事がいつもたき火を使ってつくる発がん物質を多く含む食事にも関わらず、がんどころか病気と無縁の生活をおくる人々と関わった時にキャッツクローの働きの効果を実感したことがその後に活かされる結果につながったようです。

■アルカノイドと炎症の関わり:

古代ギリシャの時代から大小を問わず、病についての報告はあったようですが、ペルーでは時代の前後を問わずに天然植物生薬として現地では重宝されていたようです。世界的に有名な大学や研究機関の数々の報告によると、リウマチのような病は先人の時代から存在し、その体内における炎症とキャッツクローの相性の解明が今でも続いているようです。多くはアルカノイドが6種類も含まれる点に着眼していることがわかっています。


■キャッツクローの副作用:

私たちが住む日本でも近年キャッツクロー入のお茶やサプリメントをはじめとする栄養補助食品が販売されていますが、気にかかるのは安全性を含める品質や摂取した際の副作用の有無や毒性等についてではないでしょうか。欧米も含めてキャッツクローが持つ危険性は報告されておらず、ペルーの人々が何世紀にもわたって飲み続けていることからもわかります。


■サプリメントの過剰摂取:

副作用の危険性が無かったとしても過剰摂取にも関心が集まりますが、一般的な水溶性ビタミン等と同じく、過剰摂取した時は体外に排出されることが報告されています。


■妊娠中の妊婦や授乳中の摂取:

キャッツクローは薬とは異なるとはいえ、これに関わらず同様に妊娠中の妊婦の方や授乳中の方の摂取は世界的に広がる人権問題からも明確に安全性の確認ができていないようですので、充分な検討が必要と言えます。


■こんな方におすすめ:

アレルギー体質な方、加齢を感じる方、身体の痛みを感じる方、抵抗力を向上させたい方、風邪をひきやすい方におすすめです。

ページトップ