専門家実戦ストレスを減らすおすすめの6つの方法とは?

2020年05月08日

健康と年齢

ストレスが溜まりやすい時期かと思います。専門家が実践し、おすすめするストレスを減らす方法についての報告とは?

ストレスが大きくなりやすい環境下でおすすめの軽減方法:

今はストレスが大きくなりやすい環境下にあると報告されています。
その中でもストレス管理をし、ストレスを上手にコントロールするには、どうすることがおすすめされているのでしょうか?
世界有数のエリートが集うハーバード大学がおすすめするストレス管理の方法があります。

 

ストレス管理をして、ストレスを減らすおすすめ方法6項目:

ストレス管理の専門家が実践し、ストレスを減らすのにおすすめされる方法は下記のとおりです。

 

・十分な睡眠をとる。

誰しも経験したことがあるかもしれませんが、睡眠不足の時はストレスを感じやすい状況になるようです。
睡眠不足では気分の落ち込みも発生しやすく、注意力も散漫しやすく、健康にも決して良い状況とはいえません。
睡眠が7時間の場合と6時間の場合では、集中力だけをとっても10ポイント以上違う結果が米国軍隊の調査でわかっています。
日本人は特に世界的に睡眠時間が短い国民で知られています。
睡眠時間は少なくとも7時間、できれば8時間近く確保することが専門家からはおすすめされています。

 

・時間に流されず自分の時間は自ら管理する。

インターネットを活用したり、スマートフォンが身近になった現代、すぐにネットにつながる環境にあります。
電話だけではなく、何でもつながりやすい環境にあるため、何かをしている途中であっても、ついすぐに反応をしたくなるのが一般的です。
専門家のおすすめは、時間や人に流されずに、自分の時間を自らが管理することです。
何かに集中したい時は、スマートフォンやパソコンの通知を非通知やオフにしておくことがストレスを減らすおすすめの方法とのことです。

 

・リラックスする時間と環境を確保する。

多忙な現代では、なかなかゆっくりとする時間や環境を確保しにくいのではないでしょうか?
ストレス管理の専門家曰く、リラックスする方法を学ぶことも大きな価値があると言われます。
リラックスするには、好きなことをしたり、趣味に没頭する時間を確保したり、読書をしたり、もっと短時間でするには、お風呂に浸かったり、深呼吸をするだけでもストレスを減らすことにつながるのだそうです。

 

・食事の時間くらいはゆっくり過ごす。

せめて食事をしている時間くらいはゆっくりとリラックスする時間に確保することがおすすめされています。
食事の最中は、食材を育てる農家の人に想いを巡らせてみたり、食事をつくってくれた人への感謝の想いを考えたり、一口を味わったりすることもストレスを減らすおすすめの方法と言われます。

 

・ストレッチ、マッサージ、散歩、運動をする。

激しい運動をしなくても、ストレッチやマッサージ、軽く歩くだけでもストレスを減らすことにつながると報告されているようです。
十分に確保することなく、できる範囲でこまめに時間を確保することも良い方法かと思います。

 

・人や社会とつながる。

現代では、一人でいる時間が長くなることも考えられます。
インターネットでSNSなどでつながったり、ゲーム上でつながったりして、人や社会とつながることもストレスを減らす方法の1つとも言えます。

 

参照:
ハーバードヘルスパブリッシング
www.health.harvard.edu
7 ways to reduce stress and keep blood pressure down

オンラインショップ