ヨガはてんかん発作や不安を軽減する?

2023年11月17日

リラックスと健康

ヨガが、てんかんの発作頻度を減らすのに役立つ可能性があるかもしれません。

新しい研究では、ヨガを行うことで、てんかんの発作頻度、不安、てんかんに伴う偏見の感情を軽減するのに役立つ可能性があると報告しています。

てんかんとは

てんかんとは、脳内の細胞に異常な神経活動が発生することによっててんかん発作をきたす神経疾患です。

かつては子供の病気とされていたようですが、近年の研究で、老若男女関係なく発症する可能性があることがわかっています。

てんかん患者は、自分自身の健康状態のせいで他の人と違うと感じたり、生活の質に重大な影響を及ぼしたりする可能性のある偏見に直面することがよくあるそうです。

現在のところ、てんかんの予防や完治は不可能であると見られています。

対処療法で知られるところでは、抗てんかん薬を用いることによって、ある程度症状を制御することができるようです。

また、てんかんで、ストレスや睡眠の悪化が発作を誘発することと重要な関係があると考えられているようです。

ヨガとてんかんの研究

新しい研究では、ヨガを行うことでてんかんの症状、または偏見を軽減し、全体的な生活の質を向上させることができる可能性があることが報告されています。

研究は、インドの平均年齢30歳のてんかん患者を調査することにより行われたようです。

参加者は、自分がてんかんによって差別を受けていると感じていたり、他の人と違うと感じていたり、自分が社会に貢献していないように感じている160人が選ばれました。

この参加者は、平均して週に1回発作を起こし、平均して少なくとも2種類の抗発作薬を服用していたようです。

そして参加者に、ヨガセラピーと偽ヨガセラピーを受けてもらったようです。

本物のヨガセラピーには、筋肉を緩める練習、呼吸、瞑想、ポジティブな肯定などが含まれます。

各グループは、3 か月間にわたりセッションに 7 回参加し、週に5回以上、自宅で30分間ヨガを行うよう求められたそうです。

その結果、ヨガをしている人は偏見に対する認識が低下する可能性が高いと報告されました。

さらに研究チームは、ヨガを行った人は、偽ヨガを行った人に比べて、6か月後に発作頻度が50%以上減少する可能性が4倍以上であることも発見したようです。

また、ヨガを行った人の不安症状は、ヨガをしなかった人に比べて大幅に減少したこともわかっています。

さらにヨガは偏見を軽減するだけでなく、生活の質やマインドフルネスの向上にも役立つ可能性があると示唆しています。

ヨガがメンタルヘルスにどのように役立つか

ヨガには心を落ち着かせ、地に足を着ける力があり、精神的健康上の利点がある可能性があるようです。

体を動かすだけでなく、呼吸法を利用することで、不安やストレスを軽減することもできると考えられています。

専門家によると、ヨガにより調節された呼吸と瞑想を誘導することは、迷走神経を通じて副交感神経系を刺激することが示されています。

今回の研究で、ヨガはてんかんに対しては、迷走神経の活性化は、時間の経過とともに発作を軽減し、発作の影響を軽減することも示されています。

ヨガがてんかん患者にどのような効果をもたらすかをより深く理解するにはさらなる研究が必要ですが、2012年のこの研究によると、ストレス、脳活動、神経伝達物質の機能に影響がある可能性があるかもしれません。

今後、ヨガなどのストレス軽減療法の具体的な利点がより深く理解されていくことによって、ヨガや瞑想なども標準治療に加えられる可能性もあるかもしれません。

関連記事:

ヨガによるアルツハイマー病患者とその家族への幸せな効果
ヨガはストレスを軽減する方法?
ストレスや不安な感情を自然に軽減する方法

問い合わせる

引用文献:
How yoga may help reduce epilepsy seizures, anxiety
Wikipedia てんかん

オンラインショップ