耳鳴りの原因とおすすめされる対応方法例

2020年05月29日

日本でも耳鳴りの症状を持つ人は増えているようです。

原因は様々なようですが、一般的な耳鳴りの原因例とおすすめの対応方法は存在するのでしょうか?

 

耳鳴りについて:

耳鳴りは、耳科症状においては一番一般的な症状で知られているのではないでしょうか?
とくに50歳以上の年齢層では確率も高くなることも報告されています。
国民の約15%又は約5,000万人もの人が耳鳴りの症状を持つことが報告されています。

その中でも5人に1人にとっては、生活の質や健康に影響がある症状が厄介で、辛い生活を余儀なくされているとのことです。
良い知らせとしては、耳鳴りの症状は一般的には改善させ弱らせることが可能な症状でも知られているようです。

 

耳鳴りの原因や引き金に多い症状?:

では、どのようなことが原因で耳鳴りの症状が発生すると考えられているのでしょうか?
その例に挙げられることが多いのは、下記のとおりです。
・大きな音が鳴り続けることでの影響
・神経障害
・耳の感染
・首や頭の負傷が原因
・過度なストレス
・激しいめまいや痛み
・顎関節症候群
・むち打ち症
・糖尿病
・不安症
・うつ病
・心臓血管の疾患
・特定の薬物摂取、特に大量投与や強い抗生物質など

 

耳鳴りの発症や悪化を遅らせたい時のおすすめ:

耳鳴りの原因がわからない場合、治療法で決定的な方法はまだハッキリとしていないようです。
逆を言うと、耳鳴りの原因がわかれば、対応方法もわかる可能性があります。
例えば、大きな音が鳴り続ける環境下にいる時には、その環境から逃れることがおすすめされます。
それが出来ない場合には、耳を覆うマフラーや帽子、イヤホンやヘッドホンなどの装着もおすすめされます。

また、耳鳴りの症状について持続性の場合には、6カ月以上続くこともあるようです。
耳鳴りは日ごろの生活の中でも、辛い思いを経験することが少なくないため、早めに専門家に相談されることがおすすめです。

 

参考にした情報:
PMID: 25726282
PMID: 23827090
PMID: 10609479
PMID: 17956776
PMID: 29621860
https://www.ata.org/understanding-facts
https://www.enthealth.org公式ホームページ:耳鳴り(tinnitus)
メディカル・ニュース・トゥデー公式ホームページ記事:156286

オンラインショップ