免疫ミルク(ペプチド)

免疫ミルク初乳コロストラム

免疫ミルクとは?

免疫ミルクとは、人に感染しやすい約26種類の病原菌を無毒化してワクチンとして雌牛に投与し、免疫力が高まった牛から搾乳したミルクのことです。1958年にあるスターリ研究所で研究開発され、人々の健康に貢献しています。

母乳に含まれる免疫成分:

免疫ミルクは免疫力が未だ十分でない生まれたばかりの赤ちゃんが、母乳より免疫力を得ることで様々な病気にかかりにくくなるという母子免疫のメカニズムに注目し、牛乳に活用して作られた健康食品です。

■含有成分概要:

免疫グロブリン・ラクトフェリンオリゴサッカライドビタミンAEB12

■育つ環境:

一般的な免疫ミルクは牛から抽出されるために牛が飼育される環境や口に入れる食材や肥料の影響も考えておく必要性があります。

発送される免疫ミルクを含むサプリメントは管理が厳しくBSEをはじめとするウィルス感染が生じない環境で育つことで知られているニュージーランドやオーストラリアの政府管理下に置かれる牧場をはじめとする安全な場所にて飼育される抽出原料が使用されています。

■品質について:

免疫ミルクは抽出の時間や鮮度、加工方法によっても働きに差が生じることが多いとされていることからも、発送のサプリメントに含まれる免疫ミルクは抽出後12時間などの設定がなされていることや、加工温度や抽出方法など細かく決められていることも世界的に多くの専門家から信頼性をされている理由と考えられています。

世界的に人口が増えていることで、大企業の中には供給をより多く保つ目的のために飼育する牛の食糧の中に成長を早めるホルモン剤を多く含むものや、あるいは牛のストレスやウィルスなど菌等の原因による病気になりにくくするために抗生物質を投与することも考えられます。

飼育現場を直接見ることができないためにそれらのことも考慮した上で乳製品や加工食品、健康補助としての免疫ミルクにおいても判断する必要があるのではないでしょうか。

■こんな方におすすめ:

花粉やインフルエンザの季節が苦手な方、ムズムズやクシュンが気になる方、最近疲れやすいなとお感じの方、免疫力を向上させたい方などにおすすめです。

■健康に関する文献報告:

乳酸菌ビフィズス菌エイジングケア特集ダイエット特集マイクロバイオームより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ