フラクトオリゴ糖 Fructooligosaccharides

腸内細菌や善玉菌と密に関連

オレガノオイル

■オリゴ糖とは?

ブドウ糖や果糖などの単糖類が結合した成分の総称をオリゴ糖と呼びます。ギリシア語ではオリゴ=「少ない」を意味しており、少糖類とも呼ばれています。砂糖と比較して控えめな甘さで、カロリーも砂糖の半分程度で低カロリーなことや、善玉菌や腸内細菌をはじめとする腸内環境に気を遣う人が増えたこともあって、人気が高い状態が続いています。

1890年代の後半に腸内細菌や善玉菌と悪玉菌、母乳、あるいは健康な赤ちゃんと人工的な産物で育つ赤ちゃんの差等を研究するグループが、良質な腸内細菌ビフィズス菌のつながりの中からオリゴ糖を発見したことが有力視されています。その研究では人工的な母乳よりも母親のミルクで育つ赤ん坊が、腸内細菌の善玉菌量を増やすこともあって優れ、より健康的で病気にもかかりにくいことを同時に追求したとも説かれているようです(フラクトオリゴ糖成分の説明は下記に続きます)。

■豆知識:

オリゴ糖は胃で消化吸収されずに、腸まで届きます。私たちの腸内には元々乳酸菌やビフィズス菌をはじめ、たくさんの菌が生息しています。オリゴ糖は腸内の菌のエネルギーとして働いてくれますので、腸内環境が改善すると言われています。悪影響をおよぼす悪玉菌の数を減らし、善玉菌の数を増やすことによって便秘などの改善に有意な働きが確認されているようです。

■こんな方におすすめ:

朝からスッキリ感を感じたい方、腸内環境や善玉菌の言葉が好きな方、ためずに元気に整えていたいを目指す方におすすめしたいサプリメントです。

■糖類としてのオリゴ糖:

いわゆる多糖類のように分子量は大きくないオリゴ糖は単糖類の結合により生み出された天然界にももともと存在する成分で、分子量も細かい300~3000程度の体内で働きやすい糖、あるいは少糖類とも言われます。砂糖のように体内に入って間もなく吸収されて血糖値を上げ始める成分とは異なり、オリゴ糖の場合は難消化性と考えられており、体内ですぐに代謝されない分、身体にも付きにくく、血糖値上昇に大きな影響を与えないことも重宝される理由です。

■オリゴ糖と乳酸菌やビフィズス菌:

オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなって体内でのビフィズスの働きをサポートすることで知られます。オリゴ糖が身体の中に入ることによって、より短い時間でビフィズス菌が増殖してくれるのです。最近の研究ではこれらの善玉菌と呼ばれる菌の働きのおかげでウィルスに抵抗できる身体の基礎となるだけでなく、アトピーや喘息等のアレルギーや、腸内細菌がドーパミンやα波をはじめとする幸せ物質を脳に送信する関係から心の病とされる鬱にも深く関与していることも報告されています。

■食品から補うオリゴ糖:

私たちにとって身近な食品ではゴボウ、ニンニク、アスパラガス、玉ねぎ、大豆類、それに果物ではバナナに含まれることがわかっています。

■オリゴ糖の種類:

食品の大豆類に含まれることからも大豆オリゴ、それに乳化オリゴ、フラクトオリゴ糖の種類が存在します。

■オリゴ糖の弱い部分:

一般的なオリゴ糖は光や酸化、熱等、いわゆる空気に触れることでチカラが弱まっていくことで知られます。その為にサプリメントとしてのオリゴ糖も高品質なサプリメントであったとしても鮮度も非常に大切であることは明らかです。輸送中にも有効な菌が少しでも死滅する可能性もあり、その為にお送りするオリゴ糖入りサプリメントにはラベル表示よりも20%を余分に含んでいることと、光や熱、酸素に強い茶色のビンを採用し、サプリメント専門研究開発とメーカーのアレルギーリサーチグループより新鮮を発送いたしております。

■オリゴ糖とサプリメントの関連性:

腸内細菌や善玉菌、ビフィズス菌が持つ働きとオリゴ糖の関連性が明るみに出るにつれて、栄養補助食品サプリメントとしてのオリゴ糖の研究も加速されました。
一般的に知られる糖としてはFOSで知られるフラクトオリゴ糖やGOSとも言われるガラクトオリゴ糖があります。

■研究報告例:

・教育機関として名古屋大学では、ビフィズス菌や乳酸菌等の腸内細菌がつくる酢酸によって過剰なTリンパ球の活性化を抑えることで、腸の管である腸管で炎症が発生しにくくする作用があることが確認されました。(日本でも西洋食の発達もあってリーキーガットシンドローム腸管漏れ症候群のような腸と関連する症状が増えていることが指摘されています)
・教育機関として名古屋大学では、ビフィズス菌や乳酸菌等の腸内細菌がつくる酢酸によって過剰なTリンパ球の活性化を抑えることで、腸の管である腸管で炎症が発生しにくくする作用があることが確認されました。(日本でも西洋食の発達もあってリーキーガットシンドローム腸管漏れ症候群のような腸と関連する症状が増えていることが指摘されています)
・日本国内の企業でタカラバイオ社が発売するオリゴ糖入り寒天の報告では体内の有害物質をデトックスし身体を綺麗に整える働きを公表されておられます。

■腸内環境と今後の課題:

腸内環境が大切なのは食べた食事の栄養素は町の壁である腸壁から毛細血管を通り、細胞に吸収される必要がありますが、その腎な腸が汚れていると、それらの働きに余分なエネルギーを費やす必要がでてきます。それで疲れやすいヒトが多いとも言われますが、限界までくると便秘や下痢が続いたり、あるいは肌の表面に肌荒れや吹き出物となりサインを出すことになります。免疫は腸が7割と言われるほどに腸の働きと存在がいかに健康を左右するかを物語っています。
サプリメントは確かに補うという点においては有効なものもあって良いかもしれませんが、健康や生活習慣病予防の基本は何と言っても食生活無しに語ることはできません。腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖等の善玉菌を増やしてきれいな環境を保つためにも日本で先人から伝わってきた優れた栄養価を持つ野菜や果物、発酵食品をはじめとする素材が見える食材を増やすことが益々大切な時代になってきたと言えるのではないでしょうか。安易にサプリメントをはじめとする補助的な役割に活路を見出さず、長く健康なカラダを維持する為には食事の改善があくまでも優先となります。

●関連記事:

ゆがんだ食生活で腸が病んでいる、ラクトフェリン、腸内環境を整える乳酸菌、腸内善玉菌を増やすオリゴ糖、ビフィズス菌、消化管の保護者プロバイオティクス、毒になる生食と薬になる生食、栄養素のしくみ

上へ