リン脂質 Phospholipids

細胞同士の伝達物質アセチルコリンの原料

リン脂質レシチン

リン脂質とは?

リン脂質とは人間の細胞膜を形成する主要成分で、血管内皮細胞や血小板などの細胞膜を構成しています。
体内において脂肪が運搬され、貯蔵される際に血中でたんぱく質と結びつける役割をし、また、細胞間の情報伝達の役割も持っていることからも、体内においてのリン脂質は今後更に注目される存在になるのではないでしょうか。

リン脂質には、水と油の両方をなじませる性質があります。この性質は、両親媒性と呼ばれています。リン脂質は、中性脂肪やコレステロールなどとともに血液中に存在する脂質の1つで、体内で脂肪がエネルギーとして使われる時や蓄えられたりする時に、たんぱく質と結びついて血液中を移動し、脂肪を運搬します。
これにより脂肪分を運動エネルギーへと変えてくれます。

リン脂質が不足すると、細胞膜の正常な働きを保つことができなくなってしまいます。
そして、血管内の脂肪の運搬がうまくいかなくなり、血管にコレステロールがたまることにより、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病につながる症状を引き起こす可能性があります。

リン脂質と脳

リン脂質は、脳の活動にとっても大切な成分の一つです。
リン脂質は、脳の神経細胞同士の伝達物質である、アセチルコリンという物質の原料となります。
アセチルコリンは、脳の神経活動に関わる部位において、その活力を高めることができます。
認知症の患者はアセチルコリンが減少傾向にあることが分かっていることから、リン脂質の働きは記憶に関わる部分にも関係することがわかります。
リン脂質が不足すると、記憶力、判断力の低下も起こってくる可能性があります。

豆知識

リン脂質にはいくつかの種類があります。中でも、よく知られていものがレシチンです。
リン脂質は、その原料によって大豆レシチン、卵黄レシチンなどと呼び分けられていますが、リン脂質からできた製品を総称してレシチンと呼ぶ場合もあります。

こんな方におすすめ

サラサラの流れがいい、生活習慣が気になる、物忘れが気になり始めた、メタボという言葉に反応するという方にお勧めの成分です。

リン脂質を含むサプリメントの発送

レシチンなどのリン脂質は鮮度が大切です。アレルギー対応サプリメントで、研究開発所兼メーカーのアレルギーリサーチグループより、新鮮かつ確かな本物のサプリメントを直送にて配達いたします。

健康に関する文献報告:

エイジングケア特集ダイエット特集ハーブエキスより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ