マグノロール

■マグノロールとは?

モクレン属のマグノリアの樹皮から抽出したリラックスポリフェノールの一種です。樹皮は厚朴(コウボク)という生薬名で呼ばれており、気を静めたり、胃腸の働きを整えるなど様々な処方に利用されています。また、ストレスによって体内で増加するコルチゾールレベルを下げる働きがあるとされることから、ストレス太りを克服するためにも利用されています。

■豆知識:

マグノリアは、モクレン・コブシ・タイサンボクなどを含む木蓮属の総称で、フランスの植物学者ピエール・マニョルに17世紀~18世紀に名付けられました。芳香のある樹皮は、マグノロール・ホノキオールという2種のポリフェノール化合物を含んでいます。

■こんな方におすすめ:

イライラしがちだと感じる方、仕事等でストレスが溜まっているなと感じる方、落ち着いた気持ちで過ごしたい方、健康で体重を維持したい方、、食事をすると消化が遅く、身体が重く感じる方におすすめです。

■健康に関する文献報告:

エイジングケア特集ダイエット特集ハーブエキスより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ