【フィッシュオイル Fish oil】

オメガ3脂肪酸を含む魚から摂れる油成分

フィッシュオイル

フィッシュオイルとはどんな成分?

その名の通り魚から摂れる油成分の事で、オメガ3脂肪酸を含んでいます。
オメガ3を多く含む代表として、動物ではイワシ・サバなどの青魚、植物ではごま油やしそ油があります。
魚の消費量が多い日本では、米国に比べて心臓疾患の数が少ないことが知られています。


私たちの脳の60%は油で出来ていて、そのバランスが大切とされているのですが、理想であるオメガ3を1に対してオメガ酸6が3~4のところを近年では1:10~30とも言われています。
脳以外でも細胞膜もそれらの油で形成されていることからも油を摂取する質を考え直す必要性があることを世界的に言われています。

DHA+EPA
DHA+EPA

DHA+EPA


水や鉛など重金属を丁寧に除去したDHA。


スーパーEPA+DHA
スーパーEPA+DHA

スーパーEPA+DHA

鮮度が重要なEPAやDHAのオメガ3、新鮮を直送。

スーパーEPA +DHA 徳用
スーパーEPA +DHA 徳用

スーパーEPA +DHA 徳用


鮮度が重要なEPAやDHA、新鮮サプリメントを直送


ホーリー(全)・イミューン
ホーリー(全)・イミューン

ホーリー(全)・イミューン


βグルカンや霊芝(レイシ)キノコエキスなど、世界中から60以上のチカラが集結。

ホーリー(全部)イミューン(免疫)900g
ホーリー(全部)イミューン(免疫)900g

ホーリー(全部)イミューン(免疫)900g


βグルカンや霊芝(レイシ)、キノコエキスなど、世界からの60以上もの元気総合栄養素入。

含有成分概要:

オメガ3とは、αリノレン酸・エイコサペンタエン酸(EPA)・ドコサヘキサエン酸(DHA)などで構成され、コレステロール値の減少、血液をサラサラ効果、脳・神経組織の発育や機能の維持が期待される成分です。
これらのオメガ3系の脂肪酸は身体に良い油で知られるものの、近年の食生活の変化によって必要でありながらコーン油等の炒め物や揚物をはじめとする食事から摂り過ぎているオメガ6のバランスが大きくなりすぎていることが健康を害している要因となっています。


豆知識:

DHAは私たち人間の脳や目をはじめとする神経組織にも非常に多く含まれていることが分かり、肉体面・精神面などあらゆる方向性において利点があります。毎日効率良くオメガ3を摂取するためには、私たちの先人から伝わってきた魚を食事に摂りいれることが大切なことではないでしょうか。
特にDHAやEPAのオメガ3脂肪酸を豊富に含む青魚がおすすめです。


オメガ酸は酸化が進みやすいために鮮度が大切ですので、新鮮な魚を刺身にして食べることで栄養補給しやすいためにおすすめです。煮たり焼いたりすることでオメガ酸の摂取量は20%前後減ると言われていることからも刺身など生の状態が最も優れた摂取方法ということになります。


こんな方におすすめ:

内外の元気と健康を整えていたい方、なかなか思い出せない方、健康で体重を維持したい方、お肉中心で魚を食べる機会が減っている方、成長期のお子様や妊娠中の方にもおすすめです。


フィッシュオイル入りのサプリメント:

フィッシュオイルを含んだサプリメントは、1979年にサンフランシスコ郊外で設立されたアレルギーリサーチグループより新鮮で、確かな本物のサプリメントを直送にて配達致しております。


フィッシュオイルについての研究報告:

EPAやDHAのオメガ3脂肪酸メタボから歯周病までオメガ3がおすすめ理由加齢に伴う認知機能とフィッシュオイル精神状態の安定におすすめ女性の乳がん予防報告

ページトップ