バナバ Banaba

バナバ(オオバナサルスベリ)とは?

日本でもバナバ食物繊維ダイエットで一躍認知度が高まったバナバ(和名をオオバナサルスベリと呼ぶ)は、ミソハギ科サルスベリ属のハーブです。主には北オーストラリア地域や東南などの熱帯地帯にて育まれる成分です。

人の足ほどの大きさにもなるバナバの濃緑色の葉実の部分が栄養サプリメントとして使用される部位なのですが、それはその葉の全体部分の1/4が食物繊維で構成される上に、マグネシウムカルシウム、それに亜鉛等のミネラルも豊富に含まれるためです。また紅茶やコーヒーの飲み物のようにカフェインを含まないことからバナバの葉の部分を煮出してバナバティーとして飲むことも世界的に多いようです。(ページ下部に続きます)

■豆知識:

葉を乾燥させたバナバ茶は「女王も手の届かぬお茶」と呼ばれますが、フィリピンではどこにでもある植物です。広島大学の研究で葉に含まれるコロリソン酸がインスリンと似た働きをすることがわかっています。バナバ茶にはカフェインが含まれていないのでどなたでも安心して飲んでいただけます。また植物には珍しく亜鉛も含まれています。

■こんな方におすすめ:

血糖値が気になる方、ミネラル不足を感じている方、いつまでも健康でいたい方におすすめです。

バナバの葉に含まれる栄養素についての研究は現在も国内外で積極的に行われており、食物繊維ダイエットだけでなく、糖尿や血糖値に対する同成分の関わりに注目が集まっています。

1979年設立のサプリメント専門メーカーのアレルギーリサーチグループよりバナバを含むサプリメントを直送いたします。

■健康に関する文献報告:

エイジングケア特集ダイエット特集ハーブエキスより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ