αリポ酸 lipoic-acid

人間の体の細胞の中にあるミトコンドリアに存在

αリポ酸

αリポ酸とは

リポ酸(αリポ酸(アルファリポ酸)、チオクト酸などとも言われる栄養素)は、カラダの中で合成されたり(他のアンチオキシダントのリサイクルも)、生産されたりする働きがあり、多様な酵素の働きを助ける有機化合物です。

αリポ酸は、人間の体の細胞の中にあるミトコンドリアに存在しており、心臓を動かす・呼吸をするといった、生きていくために必要なエネルギーを糖から作り出す大切な働きをしています。

国内で多くの人に知られるきっかけとなったのは、αリポ酸の働きの1つとして知られる食べた物が体内で効率良く代謝を高め、ブドウ糖をエネルギーに変換することからもダイエットや燃焼系の成分として報道されたことが続いたことのようです。エネルギーや細胞、ストレス、身体を動かしたり、スポーツとも関連する栄養素で知られます(ページ下へ続く)。

●αリポ酸の働きと特徴

αリポ酸の他の働きの1つとして、ビタミンと近い働きをすることで知られるビタミン様物質でもあり、ビタミンの働きを補強するサポート役でもあります。
主にビタミンCビタミンEの働きの効率を高めることと、不足しがちな時にはそれらの働きを助けるとも言われ、他の成分で私たちに馴染みの深いものとしてコエンザイムQ10があります。

●食品に含まれるリポ酸

食材との中に含まれるαリポ酸として知られているのはレバーやブロッコリー、ほうれん草、牛や豚に含まれる臓器が挙げられます。

●リポ酸の日本での経緯

日本では2003年迄の間、αリポ酸は医薬品成分として分類されてきました。2004年度より一般的に摂取できるサプリメント栄養素に分類されるようになったことも心に留めておいていただきたい点でもあります。

●注目されるエイジングケア栄養素

エイジングケアや健康寿命といった言葉の浸透と共に健康の本質を食品から見直す人が増えているのではないでしょうか。医療費が高く、なかなか病院にかかれない先進国の中でもアメリカでは予防に一般市民だけなく、政府も一役買っています。例えば食品包装ではカロリー表示を大きく見やすくしたり、栄養価部分を読みやすくしたり、最近では活性酸素を吸収する能力であり抗酸化栄養素の値として知られるオラック値の表示を促進しています。リポ酸やポリフェノール類、ビタミンやミネラルを豊富に含む食品ではそのオラック値が高くなるために、今後更に脚光を浴びることになります。

●こんな方におすすめ:

体重が気になる方、年齢が気になってきた方、疲れが重くなってきた方、美容に気をつけたい方、臓器など体内の健康が気になる方、ミトコンドリア細胞を大切にしたい方、生活習慣病を予防したい方、物忘れが増えてきた方、疲れが取れにくくなってきた方や体型維持を気にしている方・なかなか痩せずにイライラする方におすすめです。

●αリポ酸入サプリメントの品質

発送するサプリメントは品質にブレがないとされる生産規範の優れたメーカーに与えられるGMP(Good Manufacturing Practice)を所持するメーカーにて生産されています。1979年にサンフランシスコ郊外にて設立されたアレルギーリサーチグループより新鮮かつ本物のαリポ酸を含むサプリメントを直送にてお届けいたします。

上へ