チアミン(ビタミンB1) Thiamin

チアミン(ビタミンB1)とは?

チアミンはビタミンB1とも呼ばれ、米糠から発見された水溶性のビタミンです。体内に入ってきた炭水化物や脂肪からエネルギーを効率よく変換するのに必要な栄養素の一つです。ビタミンB1不足になると、糖質がうまくエネルギーにならないため、食欲低下、疲れやすいなど夏バテのような症状になり、さらに不足すると脚気になってしまいます。

ビタミンB1を含む食品:

ビタミンB1を多く含む食品は、穀類の胚芽・豚肉・レバー・豆類などが知られるところですが、水溶性ビタミンのため、調理により大部分が損失してしまいます。日本人のほとんどが食べているのは精白米で、ビタミンB1が豊富なヌカは大部分とり除かれていますので、あまり丁寧に洗いすぎないようにすることがおすすめです。玄米や麦をお米に混ぜて炊くことでもビタミンB1を補給いただくことができます。

■チアミンはこんな方におすすめ:

普段からスポーツをされる方、お仕事で多忙な毎日を送られている方、インスタント食品に頼って食生活が乱れているなと感じている方におすすめです。

■健康に関する文献報告:

エイジングケア特集ダイエット特集ハーブエキスより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ