1. Home
  2. 成分からさがすサプリメント
  3. アミノ酸
  1. Home
  2. 主成分でさがす
  3. テの成分
  4. テアニン

テアニン L-Theanine

テアニン

テアニンとは?

テアニンは緑茶に含まれるお茶のうま味・甘味に関与する成分で、興奮を鎮めて緊張をやわらげる働きや、心身をリラックスさせる効果を持っていると考えられています。

通常の乾燥茶葉の中に含まれるテアニンの量としては、1~2%程度といわれることが一般的のようです。
そのために、緑茶には中枢神経系を刺激し覚醒作用や興奮作用のあるカフェインも含まれているということもあり、テアニンだけを摂取する方法としてサプリメントを利用するという選択肢も増えてきているようです。

■含有成分概要:

お茶やサザンカ・ツバキなど、一部の植物にのみ存在するアミノ酸の一種で、グルタミン酸の誘導体です。

■豆知識:

テアニンは、葉が日光を浴びることによってお茶の渋み成分であるカテキンへと変化します。
したがって、お茶の種類や採取時期によってテアニンの含有量に差が出てきます。
一般的に、玉露・抹茶・新茶など、高級な緑茶ほどテアニンの含有量が多く、リラックス効果が得られやすいとされています。

■こんな方におすすめ:

仕事などでイライラすることが多いと感じる方、夜ぐっすりと眠りたい方、落ち着いた気分で過ごしたい方、集中力や記憶力を高めたい方、女性の方におすすめです。

■関連する文献:

ハーブエキス統括ページダイエットとハーブ気分の落込みや睡眠とハーブバジルの活用で穏やか生活アーテミシニンのヨモギ属ハーブ

上へ