リボ核酸 Ribonucleic Acid(RNA)

リボ核酸

■リボ核酸(RNA)とは?

リボ核酸(RNA)は、リボヌクレオチドがホスホジエステル結合で結合した核酸です。1868年にフリードリッヒ・ミーシャーによって発見されました。DNAが細胞核と呼ばれる細胞の遺伝子情報の伝達・保存を行うのに対して、RNAはDNAの指令に基づいてたんぱく質を生産するという役割を持っています。

■含有成分概要:

RNAのヌクレオチドは、リボース、リン酸、塩基によって構成されます。

■豆知識:

RNAは、のり、ちりめんじゃこなどに多く含まれています。DNAとRNAは元々人間の体の中に含まれているものですが、どちらかの一方が不足することで新陳代謝が上手く行われなくなってしまうと言われています。新陳代謝のサイクルが乱れてくると、エネルギーを生成する力も低下して、身体が疲れやすくなってしまうことにつながります。

■こんな方におすすめ:

免疫力を向上させたいと考えている方、ストレスが溜まっていると感じている方、疲労回復に時間が掛かると感じている方におすすめです。

■健康に関する文献報告:

エイジングケア特集ダイエット特集ハーブエキスより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ