フェヌグリーク Fenugreek

フェヌグリーク

フェヌグリークとは?

フェヌグリークは、1年草マメ科の植物で地中海地方が原産地です。古くから中近東、アフリカ、インドで栽培され食用や薬用に用いられてきました。日本ではコロハ(胡廬巴)と呼ばれています。フェヌグリークはサヤに種子が詰まっており、その種子が香辛料やハーブとして使用されています。

■含有成分概要:

フェヌグリークの種皮にはたんぱく質、ミネラル、脂質、ビタミン、サポニン、フラボノイドなどが豊富に含まれ、一部地域では貴重な栄養源になっています。

■豆知識:

フェヌグリークは香辛料の一種で、カレー粉やチャツネの材料などカレーの香りの基になっている植物です。インド、中近東では香辛料の用途の他、豆類として育て食用とし、貴重なタンパク源にもなっています。また、フェヌグリークにはエストロゲンに似た成分が多く含まれており、母乳の出を助けたり、中高年女性の体調を整える効果などが期待されています。

■こんな方におすすめ:

授乳中の方、中高年の方、代謝が落ち始めたと感じる方、体重が気になり始めた方、体内環境を整えたい方におすすめです。

■健康に関する文献報告:

エイジングケア特集ダイエット特集ハーブエキスより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ