フェンネル fennel

フェンネル

フェンネルとは?

フェンネルとは、セリ科ウイキョウ属の多年草です。
和名ではウイキョウ(茴香)または、ショウウイキョウ(小茴香)と呼ばれます。
草丈は約1~2mで、鮮やかな黄緑色の糸状の葉が特徴的です。6~8月ごろ、枝先に黄色の小花をたくさんつけ、秋には小さなの楕円形の実をつけます。

フェンネルの歴史

フェンネルの原産は地中海沿岸とされていますが、その歴史は古く、古代エジプトや古代ローマをはじめとするヨーロッパ地域を中心に栽培が盛んにおこなわれていたという記録があります。
現在、主な産地は中国、インド、エジプトなどです。
日本では平安時代に中国から渡来したとされ、現在では長野県、岩手県、富山県などでフェンネルは多く栽培されているようです。

フェンネルという呼び名は、ラテン語で「小さな干し草」を意味します。
また、古代ギリシャでは、「細くなる」を意味する言葉でも呼ばれていました。

■豆知識:

フェンネルは、香辛料やハーブとして、料理の風味づけや薬用などとして古くから幅広く用いられています。
調理では、魚料理やピクルスやカレー料理に、またシチューなど肉料理の風味づけとして広く使用されます。

■フェンネルの効果:

フェンネルの葉や種子には、甘い香りと苦みがあり、消化の促進・消臭に効果があるとされています。
フェンネルは、私たちの食べたものの消化を助けてくれる効果があるため、腹部の膨張間を感じる時や便秘などに効果的といわれています。
また、フェンネルには解毒作用があり、食欲を抑え、胃を強くする効果があるともいわれています。
ダイエットに効果のあるハーブとしても知られています。

■こんな方におすすめ:

スムーズにスッキリ排泄したい方、食べた後のモタレや膨張感が気になる方、ダイエットに関心がある方などにとくにおすすめです。

■健康に関する文献報告:

エイジングケア特集ダイエット特集ハーブエキスより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ