Homeコの成分コラーゲン

【コラーゲン Collagen】

飲む高吸収コラーゲン

コラーゲンサプリメント

コラーゲンとは?:

コラーゲンはたんぱく質の一種で、私たちの体を構成している全たんぱく質の約30%を占めていると言われます。皮膚や骨、血管などに含まれるコラーゲンですが、細胞と細胞を結ぶ働きをしていることで知られています。1日のコラーゲンの摂取目安量は5~10gで、コラーゲンを合成する時に欠かせないビタミンCや鉄も一緒に摂ることで相乗効果が得られると言われています。また、コラーゲンはゼラチンの主成分であり、化粧品や医薬品など様々な用途で用いられています。(コラーゲンの説明は下記にも続きます)

飲むコラーゲン
飲むコラーゲン

飲むコラーゲン


プロラベルの低分子量の加水分解コラーゲン

飲むコラーゲン900g
飲むコラーゲン900g

飲むコラーゲン900g


人気の飲む微粒子コラーゲンのお得入りです。

マトリックス
マトリックス

マトリックス


グルコサミンやコンドロイチン等ふしぶし総合栄養素

MSM
MSM

MSM


世界で最初にMSMを開発した老舗メーカーのプライド原料使用。

コラーゲン

コラーゲンと年齢:

年齢を重ねるごとにコラーゲンをはじめとする成分が欲しくなってくるのはなぜでしょう。それは年齢と体内に存在している成分との兼ね合いがあるのではないでしょうか。コエンザイムQ10も似たようなイメージですが、20歳頃をピークに補酵素もコラーゲンも年齢を重ねる毎に体内で減っていくことがわかっています。


コラーゲンの場合は18歳頃を境に体内で作られにくくなってくることで知られ、まだ成長期ともいえる20歳を過ぎると急激に減り始めることが伝えられています。40代に入るとコラーゲンの量はピーク時の半分にも減ってしまうようですので、日頃の食べ物やサプリメントなどの補助食品で補いたいという気持ちも理解できるのではないでしょうか。


コラーゲンの不足:

コラーゲンが体内で不足してくることで股関節、肌や髪の毛の弾力性が失われることは周知のとおりです。肌に関係するシミやシワはサビに関係する酸化やメーラード反応との関わりもあるために一概には言えませんが、みずみずしさはコラーゲンとも関係していることからも、気にかける人が減らないのも無理はありません。


食べ物とコラーゲン

コラーゲンを含む食べ物:

すじ肉、豚足、鶏軟骨、ふかひれ、鶏皮、手羽先、うなぎ


豆知識:

コラーゲンは加齢とともに質・量が低下し、紫外線やストレスで発生する活性酸素によっても低下すると言われていますが、コラーゲンを多く含む食べ物は脂質の多さがが気になるものも少なくないので、サプリメントなどで効率よく摂取することが人気のようですが、吸収に関してなどを考慮する必要があります。


こんな方にお勧め:

より美しく健康でありたい方、素敵に年齢を重ねていきたいとお思いの方、階段の昇り降りが辛くなってきたと感じている方へおすすめです。


発送のコラーゲン:

コラーゲンと一言で言ってもあまりにも種類も金額も多様性があるために迷われることも多いのではないでしょうか。発送するコラーゲンは技術やファッション、美容でも知られるヨーロッパ諸国の中でも経済をリードするドイツの特許技術で保護された成分が使用されています。ドイツの技術を使用し、超微粒子の加水分解コラーゲンで、吸収や消化、働きでも大切な高いアミノ酸量を含んでいます。


たんぱく質やコラーゲンの記事:

コラーゲンと関節疲れが続く時の食事おすすめ方法良質がおすすめとたんぱく質の選び方グルテンを早く排泄方法腸管漏れのリーキーガットの原因と食物健康的なたんぱく質の食事とプロテイン摂取量など。*記事はインターフェニックスのサプリメントとは無関係です。

ページトップ