【ルテイン Lutein】

若さがキーワードの抗酸化栄養素

ルテイン入りサプリメント

ルテインとは?

ルテインは野菜や果物、海草をはじめとする動植物の食品に含まれる色素の一種で若さを保つように働く抗酸化栄養素です。活性酸素を除去する働きが高いことで人気のカロテノイドの一つで、黄色からオレンジ赤色の色素をそなえています。ルテインは体内でも眼の網膜の中心に集まっており、黄斑部を形成し、物を観る為の大切な役割を担う場所として知られます(説明はページ下部に続きます)。

ルテイン
ルテイン

ルテイン

フローラグロ高品質ルテイン1粒20mgアレルギー対応サプリメント。

オキュダイン2
オキュダイン2

オキュダイン2

ルテインやゼアキサンチン愛眼37入マルチビタミン。

ルテインとカロテノイド:

カロテノイドは活性酸素を消去するチカラが強いことで人気ですが、種類としては数百種類ものカロテノイドが存在するとも言われます。ただ私たちの目に存在する種類としては二種類のみで、それがルテインとゼアキサンチンンなのです。


目の健康との関係:

ルテインと目の健康とのつながりが発見されたのは1994年のハーバード大学でジョアンナ・セッドン医学博士と彼女の同僚らによって報告されたことが最初と伝えられており、研究でルテインにも含まれる抗酸化物質カロテノイドを豊富に含む食材摂取調査で目の健康とのつながりが発見されたようです。現在はアメリカ国内だけでも日本円で100億円規模のルテイン市場が確立されています。


健康維持のための目安量:

ルテインを健康維持の目的で摂取する場合には1日6mg~12mg程度が目安と言われています。特に過剰摂取量の設定は無いようです。予防としてルテインを食品から補う場合は必要として考えられる6mg程度のルテインを摂取しようとするとサラダボウル5杯分の換算となることもあって、ルテインを含むサプリメントが人気を高めています。


眼の周辺に存在するルテイン:

ルテインとゼアキサンチンのカロテノイドは目の周りに存在することがわかっています。それらの物質が減ってくることで活性酸素が活性化されて、周辺の細胞が酸化することで老化につながることからも、若さをできるかぎり維持するために嬉しい成分と言えます。


カロテノイドやルテインの豆知識:

ルテインは体内で生成する事ができませんので、日常の食生活から継続して摂取することが望ましいといわれます。ちなみに食材ですとケールなら27g程度、ほうれん草なら60g程度で最低量のルテインを摂取する事ができます。しかし、これらを毎日継続して摂取する事を考えても、野菜に含まれる栄養成分の減少や調理による損失を考慮するとても難しいのが現状です。そこで、毎日が忙しく食事が偏りがちな私達にとって有効なサプリメントという選択肢が生まれたとされています。


ビタミンEと似た抗酸化物質:

脂に溶ける脂溶性ビタミンの1つとして知られるビタミンEはサビから身を守る抗酸化物質で以前から人気の栄養素ですが、ルテインもビタミンEと同じように脂溶性で細胞の膜を脂質の酸化から守ろうとする働きを担います。


光に強いルテイン:

目の網膜周辺の黄斑部を形成しているルテインですが、目が光を察知した際にそこに存在するロドブシンという物質が分解されることでビタミンAに変換されて目の周辺神経から脳に伝達する働きをします。
太陽の光や紫外線はご存じの通り目にも届くために目の中でも活性酸素が発生することで老化を早めますが、クッションのような役割が無ければその分の衝撃も大きいことが考えられますが、ルテインがその衝撃から守ったり、活性酸素の除去に働きかけてくれるために大切です。


ルテインを含む食品:

緑黄色野菜に比較的豊富に含まれますが、食品としては特にケールやブロッコリー、ズッキーニ、ホウレンソウをはじめとする濃い緑葉色をした野菜や卵黄に含まれることが報告されており、果物や花、海草にもルテインは含まれています。花ではマリーゴールド(和名でいうところの千寿菊や万寿菊)に含まれます。


こんな方におすすめ:

読書や画面を良く観る方、細かい作業や目が疲れやすくなってきたと思う方、車を良く運転する方、食生活の乱れや野菜不足を感じる方におすすめです。


ルテイン入サプリメント:

ルテインを含むサプリメントは1979年設立でサプリメント専門一筋のアレルギーリサーチグループから新鮮かつ確かな信頼の品を直送にて配達いたします。


カロテノイドやルテインに関係する文献:

ルテインカテゴリーカロテノイドと認知機能の働きアルツハイマーとカロテノイドルテインルテインとゼアキサンチンと白内障予防ルテインと目の健康と炎症

*ご紹介するサプリメントについての言及ではありません。

ページトップ