ウンカリア・トメントサ Uncaria tomentosa

ふしぶしや上り下り対策にキャッツクロー

ウンカリア・トメントサ

ウンカリア・トメントサとは

アマゾン奥地の標高400~800メートルに自生する植物で、葉の付け根部分に猫(キャッツ)爪(クロー)を想像させるトゲのようなものが付いていることからキャッツクローの呼び名が付いたとされています。

ウンカリア・トメントサは幅広い目的で利用されており、特に免疫細胞や痛みや炎症との関連性を刺激することで知られることが認知されたことがきっかけで注目が集まった成分です。

■含有成分概要:

ウンカリア・トメントサ(キャッツクロー)には免疫バランスを整えるのに有効であるという6種類のアルカロイド(イソテロポディン、テロポディン、イソミトラフィリン、ミトラフィリン、イソリンコフィリン、リンコフィリン)やトリテルペン(キノビック酸グリコサイド)、植物ステロール(β-シトステロール・スティグマステロール・カンムプステロール)が含まれています。

■こんな方におすすめ:

階段の上り下りがツラい、家事で立ったり座ったりがきつい、お仕事で立ちっぱなしがつらいとお感じの方、季節の変わり目の体調管理をしたい方、元気に健康でありたいと考えておられる方におススメです。

妊娠中の女性や免疫抑制剤をお飲みの方々にはウンカリア・トメントサはサプリメントといえどもお勧めできないとされています。

■ウコン入りサプリメントの発送

ていねいにエキスを抽出したウンカリア・トメントサのサプリメントを1979年設立のアレルギーリサーチグループより新鮮を直送いたします。

上へ