ビフィズス菌 ビフィダム

腸内環境改善、胃にも人気のビフィズス菌の一種

ビフィズス菌 ビフィダム入りサプリメント

ビフィズス菌 ビフィダムは

乳酸菌の中でも、生きて胃に届くとされているビフィダムも、ビフィズス菌の一種です。
通常のビフィズス菌は、酸素に弱いとされていますが、ビフィダムは酸素のある環境でも生きることができるため、胃にとどまって、調子を整えるとされています。(ビフィズス菌ビフィダムの説明は頁下部に続きます)

ビフィズス菌ビフィダムの特徴

ビフィズス菌とは腸内に存在するヒトにとって有益な善玉菌の一種です。
なかでもビフィダムは、通常は死滅してしまう酸素のある胃の中で生き抜くことができるため、胃に届いて不快な症状などを緩和するとされています。

ビフィズス菌とピロリ菌

ピロリ菌は、昨今では日本人の2人に1人は感染していると言われており、さほど珍しい菌ではありません。
しかしながら、ピロリ菌が棲みついたまま長い間放置していると、胃の粘膜が傷つき、炎症を起こしたり、悪い場合には大病へとつながる可能性ももっている危険な菌です。
このピロリ菌を抑制するとされているのが、ビフィズス菌ビフィダスです。
ビフィズス菌ビフィダスは、胃で生き抜いて活躍するため大変貴重な乳酸菌と言えそうです。

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスは、生きたまま腸に届いて人にとって有益となる菌または、それを含む食品類のことを言います。
今では腸内環境を整えることは健康への近道であることは周知の事実となっています。
できるだけ毎日、少しずつでも続けることで、腸内環境はどんどん整っていくのです。

ビフィズス菌 ビフィダスを含むサプリメントの生産

乳酸菌やビフィズス菌等の成分は設菌の環境を保つための細かな温度調節や、光や熱の遮断など、生産を行う上の環境には大変気を使わなくてはなりません。
乳酸菌ラクティスを含むサプリメントは品質にブレがないと言われる模範メーカーに与えられるGMP(Good Manufacturing Practice)を所持するメーカーにてつくられています。

サプリメントとしての品質

生産する際の温度や熱、光をはじめとする環境はもちろんのこと、成分の品質や含有量、香り、色や味等の成分検査も行い、その上で水銀や重金属、環境ホルモン物質等についての安全性の検査もクリアした品質のサプリメントが発送されます。

ビフィズス菌 ビフィダスサプリメントの配達

ビフィズス菌はとても繊細な菌で、配送環境によっても品質が変化するため、新鮮なサプリメントを専門メーカーから国際便にて直送いたします。
ビフィズス菌のサプリメントも追跡可能な便で通常は6~8日程度での配達となります。

メーカー

サプリメントは1979年にサンフランシスコ郊外に設立した研究開発所兼メーカーで世界的に知られるアレルギーリサーチグループから発送いたします。
同設立者のレビン博士は幼い頃から長年の間、アレルギー疾患のために辛い経験を多くした経緯があります。
だからこそアレルギー反応等についても高い品質を追及していると言えます。

上へ