アセチルLカルニチン Acetyl-L-Carnitine

脂肪酸を運ぶ働きをするアミノ酸の一種

アセチルLカルニチン

アセチルLカルニチンについて

カルニチンは私たちの体内でミトコンドリア細胞内に存在し、脂肪酸を運ぶ働きをするアミノ酸の1つとして働きます。
脂質を代謝する働きを持つことから、燃焼系という言葉やダイエットサポートのキャッチフレーズで知られるアミノ酸成分です。

一般的に知られるLカルニチンにアセチル基が結合された状態のことをアセチルLカルニチンとされ、通常ではLカルニチンの10%程度存在すると言われているようです。

細胞内でLカルニチンに変換されます。
1日に4グラム以上の大量摂取をした場合には、お腹が緩くなる可能性があるものの、細胞を元気にすることで知られることから積極的に使用される機会が増えている注目の栄養素といえます。(ページ下部に続きます)

お送りするサプリメントの品質

お送りさせていただくカルニチンを生産するのは、内容にブレが発生してもわかりにくいサプリメントの品質がブレがない証のメーカーに授与されるGMP(Good Manufacturing Practice)を保持したメーカーにて生産されます。

アセチルLカルニチンの過剰摂取

1日に4グラム以上の大量にアセチルLカルニチンを摂取をした場合には、お腹が緩くなる可能性が報告されているようです。細胞を元気にすることで知られることから積極的に使用される機会が増えている注目の栄養素ではありますが、過剰摂取にはお気を付けください。気になる場合は、かかりつけ医をはじめとする専門家にご相談いただくことがおすすめです。

カルニチンを含むサプリメントの発送について

カルニチンをはじめとするアミノ酸の栄養サプリメントとしても先進国であるアメリカにて、1979年に設立されたアレルギー研究機関でアレルギー対応サプリメントの信頼があるアレルギーリサーチグループから新鮮なサプリメントを発送しています。

関連記事

疲労とアセチルlカルニチンlカルニチンと運動の持久力や疲れ

上へ