【ラクトバチルス・ラムノサス 乳酸菌株 lactobacillus rhamnosus lysate】

キムチやぬか漬けに多く含まれる乳酸菌成分

ラクトバチルス・プランタラム乳酸菌

ラクトバチルス ラムノサスとは?

ラクトバチルス(腸内細菌) ラムノサスとは、植物性乳酸菌の一種です。胃酸や胆汁酸に強く生きたまま腸まで届くことができる乳酸菌で、安定性があり高い腸内環境改善効果だけではなく、免疫機能の向上効果もあります。


乳酸を多量生成する細菌類の非学術的な総称を乳酸菌と言いますが、ラクトバチルスとは数ある乳酸菌の中でも最近発見された乳酸菌で、酸素があっても無くても増殖することができる通気嫌気性菌、グラム陽性の桿菌での一つです。現在化粧品や健康食品などに活用されています。臓器で共役リノール酸を生成するので体内における健康の維持への期待が高い菌です。

食事と発酵菌

ラクトバチルス・ラムノサス菌をはじめとするビフィズス菌プロバイオティクスは私たちの先祖から長い期間を経て伝わっている和食に豊富に含まれる菌です。


サプリメントとして補助的に補うよりも普段の食事の見直しをすることで身体の不調が改善されやすくなりますが、多忙でありながら、どこでも販売されており手軽に購入できる加工食品やファーストフードから逃れることはとても大変です。


できる限り、新鮮で食材本来の形が残っている野菜や果物を増やしたり、和食に代表される味噌汁や納豆、漬物を食べる回数を増やして食事から乳酸菌を補っていただきたいと願っています。

乳酸菌 ラクトバチルス サプリメント
乳酸菌チョイスイミューン

乳酸菌チョイスイミューン

乳酸菌 腸内細菌 チョイスイミューン ラクトバチルス サプリメント。

乳酸菌 チョイスイミューン
乳酸菌 チョイスイミューン得用粉末

乳酸菌 チョイスイミューン得用粉末

乳酸菌 チョイスイミューン ラクトバチルス サプリメント 得用。

乳酸菌 チョイスイミューン
乳酸菌 チョイスイミューン得用カプセル

乳酸菌 チョイスイミューン得用カプセル

乳酸菌 チョイスイミューン ラクトバチルス サプリメントカプセル。

オリゴ糖と乳酸菌
フルクトオリゴ糖+乳酸菌 プロバイオティクス

フルクトオリゴ糖+乳酸菌 プロバイオティクス

オリゴ糖と9種類のプロバイオティクス。

サメ軟骨やプロリン
ラクトバチルス 乳酸菌プロバイオティクス

ラクトバチルス 乳酸菌プロバイオティクス

3種のエース級乳酸菌(ラムノサス、プランタルム、サリバリウス)のラクトバチルス菌。

キング・クロレラ
キング・クロレラ

キング・クロレラ

キング・クロレラ+乳酸菌 水銀除去済。

GIフローラ
GIフローラ

GIフローラ

ラクトバチルス菌ラムノサスやカセイ、アシドフィルス入サプリメント。

プロバイオティクス コンプリート
プロバイオティクス コンプリート

プロバイオティクス コンプリート

選び抜かれた乳酸菌2種類を含む12種類のプロバイオティクス。

プロバイオティクス マチュア
プロバイオティクス マチュア

プロバイオティクス マチュア

50代からのカラダに厳選されたプロバイオティクス。

プロバイオティクス ウィメンズ
プロバイオティクス ウィメンズ

プロバイオティクス ウィメンズ

女性用に特別にブレンドされたプロバイオティクス。

プロバイオティクス チルドレンズ
プロバイオティクス チルドレンズ

プロバイオティクス チルドレンズ

子供が飲みやすい、チュアブルタイプのプロバイオティクス。

ラクトバチルス・ラムノサスを含む食品

キムチやぬか漬けなどに含まれています。


豆知識

善玉菌の代表である乳酸菌は赤ちゃんの頃がピークで、加齢とともに減少してしまいます。

また、睡眠不足やストレス、過度の飲酒なども乳酸菌を減らす原因となりますので、不規則な生活になりやすい現代人にとって健康維持に積極的な乳酸菌の摂取がおすすめといえます。

乳酸菌の中でもラクトバチルス・ラムノサス菌は整腸作用がとても強い菌といわれています。


多種にわたる乳酸菌ですが、ヒトの腸内には約100兆個もの菌が棲んでいます。さらにそのうち善玉菌である乳酸菌は40種類程度といわれ、その善玉乳酸菌の一つがラクトバチルス菌です。


乳加工製品のヨーグルト、チーズ、バターなどは動物性乳酸菌といわれますが、一方、ラクトバチルス菌は植物を棲家にしているので植物性乳酸菌と呼ばれています。

ラクトバチルス菌は、キムチやぬか漬けなどに住み着いている生活に密着した身体に優しい乳酸菌です。


乳酸菌の種類

乳酸菌は発酵菌に分類されますが、100種類も存在し、個数にすると100兆とも言われます。

大きく分けると有用菌で増やしていくことが健康的と言われる善玉菌、その反対の悪玉菌、そして普段は静かにしていながらも体調が思わしくないと動き始める日和見菌に分類されます。


善玉菌が増えることで腸内環境は整えられるために便秘や下痢にはなりにくくなるものの、ストレスや不安、怒り等でその腸内環境は崩れやすい状態になると報告されています。


ビフィズス菌プロバイオティクスの人気の裏側

今から20年程も前になると乳酸菌の人気は今ほどではありませんでした。

人気が高まってきた背景の要因はいくつもありますが、その中でも高いのは何と言っても腸内環境と深い関係があるアレルギーの存在です。


当時でもアレルギーは今のようには多くなかったものの1900年初頭のように特異体質や異なる反応のようなイメージの語源のアレルギーほどではありませんでした。


近年は花粉症で辛い思いをする人も増え、アレルギー反応をする層も若年化の傾向がみられることからも腸内環境の見直しのきっかけで乳酸菌やプロバイオティクスの人気が高まっているようです。


発送する乳酸菌ビフィズス菌プロバイオティクス等のサプリメント

乳酸菌の種類が豊富なことはお伝えしたとおりですが、中でもラクトバチルス・ラムノサスを含むビフィズス菌プロバイオティクスに代表される菌の中には光や熱、酸素、胃酸等に弱い菌も存在します。

胃酸に弱い菌はダブルプロテクトカプセルのように防ぐことができても光や熱についてはそれ以上の工夫も必要になります。


販売するサプリメントは敏感な菌には特に厚い茶色のガラス容器を使用し、ラベルに表示されている菌の量よりも2割多く含まれています。

またできる限り鮮度の高いサプリメントをメーカーから発送するようにしています。


こんな方におすすめ

健康維持に乳酸菌を活用したい方、朝からスッキリしたい方、カラダの調子を整えたい方などにおすすめです。


関連記事

乳酸菌やビフィズス菌プロバイオティクスのおすすめ情報

ページトップ