乳香(フランキンセンス)又はボスウェリアガムエキス Frankincense

フランキンセンス

乳香(フランキンセンス)とは?

乳香(フランキンセンス)は、ムクロジ目カンラン科ボスフェリア属の樹脂から分泌される樹脂のことを言います。
ボスフェリア属の樹木は、オマーンなどの南アラビア、ソマリアなどの東アフリカ、インドに自生しています。
樹木は栽培して増やすことが困難であるため、これらの自生している地域の特産品となっています。現在では主にオマーンで生産されています。

■豆知識:

お香として使われるほかにも、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダの健康法利用や、中国の伝統医学である漢方薬として用いられており、鎮痛、止血などの効能があると言われています。乳香が多く流通している南アラビア地域では、リラクゼーションや唾液の分泌の促進のために、ガムと同じように噛むことがあるようです。

ボスウェリアガムエキス又はインディアンフランキンセンスの原産の多くはインドに生息する成分で、健康補助食品サプリメントとしての成分の使い方で知られる点として、主に炎症による痛みが挙げられるようです。

■こんな方におすすめ:

昔から使われている成分を利用した安全性の高いサプリメントを摂取したい方、元気で健康に先人から伝わるチカラを信じたい方におすすめです。

世界最古とも言われるアーユルベーダの現場ではフランキンセンスの樹皮を主に有効成分として伝承される報告が多いようです。

■フランキンセンス入りサプリメントの発送:

フランキンセンス入りのサプリメントを一流メーカーのアレルギーリサーチグループより直送にて配達いたします。

上へ