【ガーリック(ニンニク) Garlic】

強壮や回復にも期待できる成分

オレウロペイン

■ガーリック(ニンニク)とは?

日本でにんにくの広まりを始めたのは、宗教が関係しているという説もあり、仏教でネギとニラに加えて「耐える」という意味を持つ漢字の「忍(にん)」が充てられたとされるとも言われます。


一般的には中国産のガーリックがスーパー等で比較的安く販売されますが、日本での生産地としては青森や香川県が知られるところです。世界的にはアジアが中心のようですが、中国が大半を占めるとされており、古いところでは紀元前の3,000年以上も前より古代エジプトでも栽培され、戦争等の争いの場で重宝したという記事も存在するようです。また伝承される医学書の中にもガーリック(ニンニク)は薬として伝承されてきたことがわかります(ページ下部に続く)。

ミトコンドリア細胞膜ATP栄養素
ミトコンドリア細胞膜ATP栄養素

ミトコンドリア細胞膜ATP栄養素

ミトコンドリアATPヘルシーエイジ35栄養素 細胞膜エネルギーの活力とエイジングケア

■こんな方におすすめ:

肉類などの脂っこい食事が大好きな方、喫煙や飲酒をされる方、何気ないことでイライラを感じやすい方、ニンニク臭が嫌いで生のニンニクを食べなくなってきている方、体調を崩しやすい方へおすすめです。

■栄養素としてのニンニク:

ガーリックのイメージとして滋養強壮や疲労の回復の高い能力からニンニク注射もスポーツ業界を中心に発展した経緯がありますが、有効成分としてアリシンによる糖質分解や抗菌や抗感染を担う働きでも知られると同時に、ニオイの根源でもあることから敬遠もされがちな成分です。また或る程度の刺激が存在することから、多量に摂取することで臓器の壁に傷を付けてしまう可能性も示唆されます。


ただし、地中海ダイエットといっても私たちが考える食事制限や痩身等のいわゆるダイエットとは異なり、もともとダイエットの語源としてギリシャ語のディアイタ(diaita)という単語で「生活習慣や生活の仕方そのもの」を指し、欧米では一般的に食生活を含む全体の意味であり日本の意味合いとは異なるということを理解しておく必要があります。和食同様に栄養バランスに優れ、心臓疾患が少ない健康的な食生活に魚介類やオレウロペインを豊富に含むオリーブを摂り入れた内容の食事です。


■無臭のニンニクの効能:

無臭ニンニクにおいてはニオイの面からは支持されるものの、働きとしては根源となるアリシンが活躍できないことからも今後の働きが注目されるところです。


■ガーリック栄養素入サプリメント:

ガーリックの栄養素を含んだサプリメントの発送につきましては、1979年にサンフランシスコ郊外で設立のアレルギーリサーチグループより新鮮かつ確かな本物のサプリメントを直送にて配達いたしております。

ページトップ