ボスウェリア Boswellia

アーユルヴェーダや漢方でも伝統の樹脂の一種

ボスウェリア

ボスウェリアについて

ボスウェリア(乳香、フランキンセンスとも呼ばれる)は、インやアラビア地方原産のハーブので、インド伝統医療のアーユルヴェーダや中国の漢方でも使用されていた、ムクロジ目カンラン科ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂の一種です。
とても良い香りがすることから、医療目的以外にも、お香やアロマセラピーなどにも幅広く利用されている成分です。

ボスウェリアの特徴

ボスウェリアの樹木からとれる樹液にはボスウェリア酸という成分が含まれており、この成分により状態を穏やかにするとされています。
一般的にボスウェリアは、サプリメントまたは健康補助食品としての成分の使い方で知られる場合の利点して、主に炎症による痛みを和らげるためのサポートという点が挙げられるようです。

ボスウェリアの呼び名

伝統医療のハーブ療法においては通常ボスウェリアという呼び方をされますが、アロマセラピーの現場においてはフランキンセンスと呼ばれることが多くなっています。また、その豊富な香りから、乳香とも呼ばれています。

こんな方におすすめ

ボスウェリアは、曲がりづらい、動かしにくい、季節の変わり目のグズグズ感が気になるなどにお困りの方に特におすすめしたい成分です。

ボスウェリアを含むサプリメントの発送

ボスウェリア入りのサプリメントは、1979年設立でアレルギー対応サプリメントで知られる研究開発機関兼サプリメントの専門メーカーのアレルギーリサーチグループより、新鮮かつ確かな本物のサプリメントを直送にて配達いたします。

上へ