αカロチン アルファカロチン

身体の中でビタミンAに変化する成分

αカロチン

αカロチンについて

αカロチン(アルファカロチン)とは、良く知られるβカロチンと同じようにカロテノイドの一種です。
水には溶けにくく、脂と一緒に溶けやすい栄養素です。
身体の中に入っていくとビタミンAに変化します。

今まではベータカロチンの方が抵抗力や免疫力との働きの関係が強い等の理由から、日本では良く知られていましたが、最近のいくつかの調査では今までの常識を覆すようにαカロチンの方が強い結果が報告される機会が増えています。

それは近年になり、より多く期待されるようになったDNA細胞との関わりではαカロチンの方が強いことが理由とされています。
そのために、徐々に人気が高まってきている栄養素の1つと言えます。(ページ下部に説明は続きます)。

●食品に含まれるαカロチン

αカロチンは私たちが食べる食品の中では主に緑黄色野菜、特にニンジン、ニガウリ、ピーマン、カボチャ、ブロッコリー、芽キャベツ、ホウレンソウ等に含まれる栄養素です。
同じように私たちの身体の中でビタミンAに変化するカロチノイドとしては、βカロチンやγカロチン等が存在します。

●αカロチンを含むサプリメントの品質

αカロチンを含むサプリメントの品質については、成分自体のレベル、含有量、香りや色味の品質検査や、水銀や重金属、環境ホルモン物質等の安全性についての厳しい検査に合格したサプリメントが発送されることになっています。

上記の説明はあくまでもαカロチンの栄養素としての働きに関わる説明であり、サプリメントの効果や効能を示すものではございませんので、あらかじめご了承ください。

上へ