【アデノシルコバラミン(ビタミンB12) Adenosylcobalamin】

欠乏しやすいビタミン栄養素の一つ

アーテミシニン入りサプリメント

アデノシルコバラミンとは?

一般的なビタミンB12としての栄養サプリメントの多くは、体内で働くために活性型ビタミンB12に転換される必要性があります。

発送するこのビタミンB12のサプリメントについては、最初からアデノシルコバラミンの形状になっているために、効率良く体内の臓器への負担をかけずに高い吸収や消化、働きが期待できる補酵素状の栄養素であることが報告されています(ページ下部に続きます)。

食品に含まれるビタミンB12栄養素

ビタミンB12の栄養素は一般的に植物性では欠乏しやすいことで知られます。
その一方で、ビタミンB12の栄養素は、動物性で特に微生物に含まれることが報告されています。
特にレバーや貝類、すじこ、それにチーズにも含まれるようですが、近年はそれらの食品を食べる機会が減っていることもあり、欠乏しやすいビタミン栄養素の1つとして数えられます。

アデノシルコバラミンのこれから

一般的にはビタミンB12という栄養素はあまり表面には出てこなかった成分の1つですが、生活や食習慣の変化や人口の年齢層の変化で徐々に脚光を浴びる存在になりつつあります。

以前よりもベジタリアンや菜食主義、ビーガン、フルーティアンと呼ばれる肉食を食べない人たちが増え、人口も若年層よりも成熟してくることで体内の微生物も不足しがちとなることから、アデノシルコバラミンをはじめとするビタミンB12の栄養素が不足しやすくなるとされています。

ビタミンB12
ビタミンB12(アデノシルコバラミン)

ビタミンB12(アデノシルコバラミン)

1粒に3,000mcgの「ビタミンB12」+200mcgの「葉酸」。


アデノシルコバラミンと似たメチルコバラミン

同じくビタミンB12で体内で転換必要の無い補酵素型のメチルコバラミンとはひとくくりにされるのが、アデノシルコバラミンです。メチルコバラミンはメチオニンの合成酵素でホモシステインからメチオニンへの変換を触媒する補酵素で知られますが、アデノシルコバラミンに関しては一般的に聞きなれないメチルマロニルCoAという物質からスクシニルCoAという物質への変換を触媒する働きを担う補酵素です。


アデノシルコバラミン入サプリメントの生産

ビタミンB12又は、アデノシルコバラミン入りのサプリメントの生産は、品質にブレがないとされる優れたメーカーに与えられるGMP(Good Manufacturing Practice)を所持するメーカーでつくられます。


サプリメントの品質

成分や含有量、香りや色味の品質検査に加え、水銀や重金属、環境ホルモン物質等の安全性の厳しい検査をクリアしたアデノシルコバラミンを含むサプリメントだけが発送されます。


発送

新鮮なサプリメントを専門メーカーから直送にて発送いたします。追跡可能なヤマト国際便で通常は6~8日程度での配達となります。


メーカー

1979年にサンフランシスコ郊外にて設立されたアレルギー研究機関兼メーカーでもあるアレルギーリサーチグループから新鮮を直送しています。同社を設立したレビン博士は幼い頃から長年にわたりアレルギーで辛い経験を積み重ね、だからこそ実現できた高い品質への追及とも言えます。イノベーションを用いた安全性の高いサプリメントがつくられています。

ページトップ