クリナム・ラティフォリウム(インドハマユウ)

Crinum Latifolium

インドセンダン

インドハマユウ又は、クリナム・ラティフォリウムとは?

インドハマユウには多くの呼び名があるようです。アフリカ浜木綿(アフリカはまゆう)や
ポーウェリーやクリナム等の愛称でも知らるユニークなハーブ系の栄養素です。

クリナムはギリシャ語のユリから付けられた夏に良い香りを放つ雰囲気のある花ですが、
実際はインド原産のヒガンバナ科の常緑多年草であることからインドハマユウで知られるようです。

■豆知識:

インド浜木綿(インドハマユウ)は、夏の夕方に白いユリ(白百合)に似た花を多数花茎の先に付けるユリ目ヒガンバナ科ヒメノカリス属の耐寒性常緑多年草(球根植物)です。ラッパ状の花弁が白い木綿糸に似ているので「浜木綿」の文字をあててハマユウと読ませるのだそうです。「インドハマユウ」の名で広く知られていますが、正しい名前は「アフリカハマユウ」であるとのこと。耐寒性はやや低いですが、日本では関西以西で路地で越冬し海岸や公園に植えられているようです。

■こんな方におすすめ:

伝統的なハーブエキスでサポニン、アミノ酸やアルカロイドなどを豊富に含みますので、女性の美容をサポートしたり健康維持したい人におススメです。

■発送のインドハマユウやクリナム・ラティフォリウム入サプリメント:

インドハマユウやクリナム・ラティフォリウムはインドという地域性からも想像できるように、氷点下の寒さには弱く、温暖な地域で育つ成分です。
豊富に栄養素を含むサプリメントを専門メーカーのアレルギーリサーチグループから新鮮を発送申し上げます。

上へ