亜鉛栄養素があなたや妊娠中にも必要と報告されている理由とは?

2018年07月09日

たんぱく質

亜鉛を含む食べ物や食事に含まれる栄養素はおすすめといえます。

あなたや妊娠中の妊婦においても食べ物や食事の中に亜鉛を含むことをおすすめされる理由が存在していると報告されていますので、ご紹介いたします。

食べ物や食事に含まれる亜鉛栄養素:
亜鉛の栄養素というと、あなたはどのような食べ物や食事を思い浮かべますしょう?
一般的には冬の季節の食べ物や食事の中によく食べる機会が多い牡蠣(かき)やカニが出てきやすいのかもしれません。
実は亜鉛を含む食べ物や食事は幅広く存在していて、その理由の1つとしては全ての細胞に亜鉛が含まれていることが理由として挙げられるかもしれません。
そのために亜鉛の栄養素が含まれている量の大小は別としても、牡蠣やカニ、うなぎやホタテをはじめとする魚類や他の海産物に続いて、さまざまな肉類や卵、チーズなどにも亜鉛は含まれ、その中でも特に亜鉛の含有量が多い食べ物が牡蠣やカニ類であることが報告されています。

亜鉛の働きと現状:
亜鉛はミネラルの分類に数えられており、臓器や骨など身体の働きに欠かせない栄養素で知られています。
妊娠中の妊婦の女性だったとすると、お腹の中の赤ちゃんの健康にも影響してくることも考えられることが一般的です。
近年は添加物を含む食べ物や食事が増えていることは周知のことですが、その添加物が体内の中に沢山入ってくれば、亜鉛の働きも阻害されることにつながります。
また近年は亜鉛と同じミネラルに分類されているカルシウムの栄養素について、気になる人も増えているのではないでしょうか?
亜鉛の大切な働きの中にはカルシウムを運ぶ働きをすることからも、カルシウムやマグネシウムの栄養素が不足している場合にも同じくして亜鉛が不足しがちになっている可能性もありそうです。
実際に報告されている例として、二人に一人の人において亜鉛の栄養素が十分ではないことがアメリカでは報告されています。
また、亜鉛雄栄養素が不足している人の数も多いようで、その割合は全体の20パーセント程度ともアメリカの健康国立機関によって報告されています。
日本の報告でも似通っているかと思いますが、妊娠時の亜鉛量が十分ではない場合に限っても、疲れや慢性的な疲労の原因になったり、呼吸器系等の感染症リスクが高くなったり、早産の原因につながったり、子宮や前立腺にも影響していることも報告されているようです。

なぜ食べ物や食事で亜鉛の栄養素がおすすめされるか:
食べ物や食事の中に亜鉛栄養素が入っている場合には、下記のような働きが期待されています。
・代謝を促進する可能性。
・テストステロンを生産するサポートの働き。
・良い血糖値を維持する助けのサポート役。
・インスリンの改善サポート。
・胃の中での酸の値をバランス化。
・妊娠を希望する女性に妊娠の確率を高める。
・ニキビや吹き出物の改善の助け。
・感情を高めるサポート。
・子供の成長のサポート。
・傷を癒す働き。

ちなみにアメリカで亜鉛の栄養素がおすすめされる一般的な摂取量としては、小さな生まれたてのお子さんでは1日に2~3mg程度、
1~13歳では、1日に3~8mg、14歳以上の子供の場合には8~11mg程度がおすすめされています。

亜鉛の栄養素に限らず言えることですが、基本は日ごろの食べ物や食事でしっかりと補うことです。
妊娠中の妊婦や小さい子供たちの栄養不足などについては、基本は専門家に受診して相談をしながら食べ物を中心に進めていくことがおすすめといえます。

参考にした情報:
健康や栄養について情報を発進する海外で知られるナチュラルヘルス.コム
2018年7月4日の記事
Almost 1 out of 2 people are not taking enough zinc

オンラインショップ