カンジダ菌過多におすすめと避けたい食べ物で予防

2017年08月25日

食べ物と健康

 

カンジダ菌が優位に働いている場合におすすめしたい食べ物や避けたい食べ物があります。

カンジダ菌過多では生活への影響もあり、食べ物や食事の関係が大きいとされるために見直すことがおすすめされています。

 

カンジダ菌:

消化器官内に生息している菌のカタチのカンジダ菌が消化器が優位に働いている場合には、生活に影響をきたすことが多いさまざまな症状と関係が深くなると伝えられているために留意することがおすすめといえます。

とくにカンジダ菌が優位になりすぎている時にはしつこい状態が続き、なかなか簡単には改善することができないことや、一旦静まったとしても何かの拍子にまた強くなることでも知られています。

 

カンジダ菌が原因になっていたり関係する症状:

カンジダ菌が優位になっている場合には、多くの症状と関係があったり、影響を与えたりすることでも知られています。

それらが原因となっている症状の例として挙げられることが多い中には、腸内環境の崩れで便秘や軟便になりがちになったり食べ物や食事が消化吸収されにくなったり、疲れや慢性疲労、副腎疲労、自己免疫疾患、甲状腺疾患、集中力や記憶力の低下、やる気がなくなったり、湿疹が出やすくなったり、アレルギー反応が出やすかったり、感情のブレが生じやすかったりすることが挙げられていることからも、カンジダ菌が優位になりすぎることの影響は少なくありません。

カンジダ菌が優位に働きすぎる原因や引き金になっている中には食べ物や食事以外にも抗生物質やピルなどの薬や有害物質なども挙げられる例に含まれてはいるものの、一番の影響力は食べ物や食事が原因となっていると考えられているようです。

そのためにカンジダ菌が気になっている場合には食べ物や食事で予防していくことが一番の近道ともいわれ、おすすめでもあります。

 

カンジダ菌が優位になりやすい食べ物や飲み物の例:

食べ物や飲み物での中でも下記はカンジダ菌と大きく関係している例として報告されています。

カンジダ菌の専門家の中でも下記のような食べ物や食事を一定期間やめるようにおすすめすることもあれば、一日1カップ程度迄としておすすめする専門家もいます。

 

・甘味料や砂糖類:

 甘味料や人工的につくられているスウィートナー、砂糖類は体内で菌の繁殖に最もつながりやすいといわれることからも、食べ物や飲み物、食事の際にはとりすぎないことがおすすめされます。

 カンジダ菌治療の専門家の中には、一定期間は一切それらを食べ物や飲み物、食事の中に含まないようにおすすめされる場合も少なくありません。

 甘味料や砂糖類はカタチになっている食べ物や飲み物だけではなく、ソースやドレッシングなど味付けにも使われることが少なくありませんので、それらを制限したい時におすすめなのは食べ物や飲み物を買う時に内容成分が記載されたラベルを観て理解することといえます。

 また盲点となりやすい1つに挙げられている食べ物はドライフルーツのように糖分を多く含んでいる食べ物です。

 

・グルテンを含む小麦等:

 小麦や一部の穀物などに含まれるたんぱく質のグルテンはカンジダ菌を優位に働かせる主な原因にもなっていることが報告されています。

 グルテンを含む食べ物や飲み物を口に入れてから腸内で本来は分解や吸収、排出などに仕分けられるところが、腸管漏れで知られるリーキーガット症候群になっている場合には腸から血液にそれらが流れ出すことからもアレルギーな疲れ、脳に関係する症状などにもつながりかねませんし、グルテンは1回食べるとまた欲しくなったり、体内からなかなか排出されないとも言われることからも、留意することがおすすめです。

 

・乳製品を含む食べ物や飲み物:

 乳製品を含んでいる食べ物や飲み物についてはカンジダ菌を直接優位にする働きを持っているというよりは、体内での消化や吸収の観点や、アレルギーを引き起こす原因や引き金になったり、アレルギーや多くの疾患につながりやすい炎症を引き起こしやすいことが報告されていることからも気にかけることがおすすめされています。

 

・キノコ類の食べ物:

 キノコ類は一般的に食物繊維も多く、免疫力を高める食べ物の一種としても知られています。

 カンジダ菌を優位にしやすい原因となっているのはキノコ類の食べ物に含まれている菌類が原因となっているようで、それが炎症反応を引き起こしやすい原因につながることが挙げられています。

 

・発酵食品:

 発酵食品は私たちの食べ物や食事には常に関係がある食べ物の1つでも知られています。

 また発酵食品が優れていることを挙げればきりがない程出てくるのではないでしょうか。

 今回はカンジダ菌と関係が大きいということで、カンジダ菌を優位にしやすくする原因の例として挙げられているもので、菌のバランスが戻ってくる迄の期間中に留意したい食べ物として挙げられています。

 また発酵食品は種類も多く、人によって個体差があるために全てという制限とは限らないように思います。

 

・でんぷん質の多い野菜:

 カンジダ菌と関係が深い食べ物の中で野菜では留意をしておきたいのがでんぷん質を多く含む野菜です。

 イモ類やとうもろこしはでんぷん質が多い野菜で知られています。

 

・アルコールを含む飲み物:

 ビールのようにもともと麦類を含んだ飲み物の場合にはグルテンが入っているためにアレルギーの原因や引き金とも関係があるといえますが、ビールやワインのようなアルコール飲料の中には発酵だけではなく、糖質も高いことも盲点になっていますので、気にかけることがおすすめされています。

 

カンジダ菌が優位な場合におすすめの食べ物や飲み物:

制限されるというのは私も含めて食べ物や食事が好きな人にとってはしんどし、できればやりやくないし、自由に好きなものを食べたり飲んだりしたいと感じてしまいます。

ここではカンジダ菌が優位になっている場合におすすめされる食べ物や飲み物もありますのでご紹介します。

ニンニク、しょうが、オリーブオイル、さけなどの魚、レモンなどの柑橘類、リンゴ酢などのお酢、ココナッツオイルなどがアメリカではよくおすすめされています。

それに付随して良質なプロバイオティクスはカンジダ菌が優位な場合には特におすすめされています。

 

参考にした情報:

カンジダ菌を持っている場合の9つの食べ物(原文英語 9 foods to ditch if you have Candida)

エミー・マイヤーズ医学博士

2017年7月8日と8月22日

 

おすすめの関連記事:

カンジダ菌過多に学ぶ改善と予防策

カンジダ菌関連に共通する症状と食事法のおすすめ

前立腺と尿道やカンジダ菌は食べ物と腸内から

カンジダ菌とかゆみに注意したい食品とおすすめの食べ物

カンジダ菌は消化不良や慢性疲労と肌荒れの原因?

カンジダ菌感染予防とプレバイオティクスのオリゴ糖

腸漏れのリーキーガット症候群LGSの原因と引き金の可能性例

 

 

CATEGORY
オンラインショップ