【イチゴ(ストロベリー)】

ビタミンとキシリトールが豊富に含まれる

ストロベリー

イチゴ(ストロベリー)は

イチゴはバラ科の多年草に属しています。私たちが実として食べている赤い部分は、花たくと呼ばれる部分が発達した偽果と言われるもので、本来のイチゴの実は、黒いつぶつぶ1つ1つです。イチゴの生食での消費量は日本が世界一と言われています。

イチゴは日本では江戸時代にオランダから輸入されたことがきっかけで広がったオランダイチゴが一般的に流通されていると言われています。
本来バラ科に属することもあり、野菜として取り扱われる点もあるようです。

■含有成分概要:

イチゴは可食部の約90%程度が水分で、糖質が約10%とされています。ビタミン類を含むほか、キシリトールが100g中約300mgと豊富に含まれています。


■豆知識:

江戸時代末期にオランダから長崎に伝えられたので、当時はオランダイチゴと呼ばれていました。庶民の口に入ることは極めてまれであったそうです。そんなイチゴには果物の中でも1位・2位を争うほど、ビタミンCが豊富に含まれています。イチゴを6粒程度食べれば、成人に必要なビタミンCを摂取することができます。


■こんな方におすすめ:

風邪の予防や疲労の回復を期待する方、果物をあまり食べなくなってきた方へおすすめです。


■発送のストロベリーのサプリメント

ストロベリー(イチゴ)入の安全性の厳しい検査にも合格したサプリメントを一流メーカーのアレルギーリサーチグループより新鮮な栄養素を発送いたします。

ページトップ