お腹や胃腸の健康

 

便秘予防におすすめされることが多い食べ物や飲み物、避けた方が良いとされる食生活の内容、生活習慣などの方法例のご紹介です。

腸内環境を整えることは一番の予防の近道といえます。

 

便秘を予防することがが、健康維持と一番の予防といわれるのは昔からすべての病気は腸内からというヒポクラテスの言葉があることからも良く知られています。

腸の調子が良くないと思う場合には、脳の働きも低下していることが多く、脳は第二の腸ともいわれることや、腸と脳は直結していることからも比例して働くことは自然な状況ともいえるのではないでしょうか。

また、腸内に存在する菌と口の中の菌の種類は同じともいわれていることからも、口内の健康が思わしくない場合にも腸内環境が整っていないことが少なくないようです。

もう1つ追加しておくと、皮膚が荒れて湿疹が出たり、乾燥をしたりしている場合には腸内環境が整っていない場合に発生しやすいともいわれます。

腸内環境を表現する場所が肌でもあるために、皮膚は腸内の鏡という表現さえあるようです。

 

便秘に悩まされる人の数は少なく、先進国の間では共通して増えているようですが、便秘になりにくくするいわゆる予防に良く挙げられる方法例を下記にご紹介します。

 

・食物繊維の摂取量を増やす:

便秘の予防と聞くと食物繊維を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ただし、本当に頑固な便秘の場合には、長い食物繊維の形状だと結果が出にくい可能性もあります。

 

・身体を冷やさないように心がける:

身体が冷えると腸内の動きも鈍くなり、便秘になりやすくなるようです。

低体温の場合も含めて、体温を上げておくことは便秘予防になるだけではなく、さまざまな予防につながります。

 

・脂肪の摂取量を増やす:

便秘と脂肪分?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、脂肪分の摂取量を増やすことで体内の循環も促進され、便秘になりやすくなるようです。

 

・水分の摂取量を増やす:

便秘の人に共通して多いといわれる1つが水分の摂取不足です。

私たちの身体は水分の量が多く、不足することで便もコロコロになったり、出にくくなるようです。

 

・コーヒーのチカラを借りる:

コーヒーを飲んだ後に、便が出やすくなる人も少なくないようです。

 

・ストレス管理:

先進国で便秘の人の中にはストレスが根本的な原因となっていることで便秘に悩む人も挙げられています。

その場合には、ストレス発散の目的と代謝を促すなどの理由も兼ねて身体を動かす何か趣味があると良いかもしれません。

 

・ストレッチや運動:

腸の動きが鈍っている場合にはなかなか便秘も改善されにくいようです。

特に長年便秘薬を飲んできた人にとっては腸の蠕動運動が基に戻るまでに相当の月日が必要な場合もあるようです。

腸が動きやすい状態になるにはストレッチや運動を行うことがおすすめです。

 

・胃酸レベルの改善:

胃酸と便秘予防の関連性はあまり耳にしないかと思いますが、近年は胃酸のレベルが崩れているといえる人が少なくなく、それが原因で便秘を招いていることもあるようです。

 

・発酵食品の摂取を増やす:

和食は発酵食品が豊富なために、摂取量を増やすことは比較的簡単なことかもしれません。

ただし、腸内環境が崩れてしまっている場合に、発酵食品を食べるとお腹が張ったり、調子を崩したりすることもありますので、注意が必要な場合もあります。

 

・アレルギー反応や不耐性を起こしやすい食べ物を制限する:

小麦粉などのグルテン、乳成分、加工食品など何か特定な食べ物に不耐性があったり、アレルギー反応が出る場合には、それが便秘の原因にもなっていることも考えらえます。

いずれにしても、不耐性やアレルギー反応は炎症につながるために、わかった時点で制限することがおすすめです。

 

・マグネシウム含む食べ物を増やす:

食べ物に含まれるマグネシウムは便秘だけではなく、様々な症状と関りがあるものの、不足しやすい栄養素です。

 

・かかとを上げたり和式トイレに入る:

スクワットのような状態をしている場合には腸が伸びやすいと言われることからも、和式トイレは便秘予防にはおすすめです。

苦手な場合にはつま先で座るような感じでかかとを上げることでも違いが出るかもしれません。

 

情報元:

デビッド・ジョッカー医学博士

公式ホームページ内

11 Ways to Prevent Constipation
関連のおすすめ記事:

心臓に優しい食生活にするためにおすすめ

心配事や不安な気持ちを自然に減らしたいおすすめ方法事例

明るく前向きな気持ちになりやすいおすすめの習慣

老化予防や病気予防におすすめの食べ物と食習慣や生活習慣

カラダを温めて体温を下げにくくするおすすめの方法