乾燥と潤い

 

足のかかとのひび割れに、唇のひび割れといった乾燥肌の症状が出ている場合にはある種のビタミンが体内で欠乏している可能性が指摘されています。

足のかかとと唇のひび割れの乾燥肌に意外な共通点とはリボフラビンの栄養素で知られるビタミンB2が体内で欠乏している時に出やすい症状で知られます。

 

ビタミンB2(リボフラビン)欠乏時の症状例:

リボフラビンのビタミンB2の栄養素が欠乏している時に、症状に出る可能性として知られるのは下記のとおりです。

・唇の乾燥やひび割れ

・足のかかとの乾燥やひび割れ

・鼻の詰まり

・偏頭痛

・目の充血、涙目、目のかゆみ

・唇の両端の肌荒れや乾燥

・鼻の詰まり

・鼻の付け根がオイル性

・痛みを伴う赤い舌

 

また、ビタミンB群の栄養素が体内にある場合に、ビタミンB2以外の他のビタミンB群やミネラル栄養素と共に働くことが多いことからも、他のビタミンやミネラルの成分も体内で不足している可能性が考えられます。

特にビタミンB2と共に欠乏しやすいとも言われるビタミンB5B6ビタミンB12マグネシウムカルシウム亜鉛も同時に欠乏している時には、ここ数年欠乏している人が非常に多くなってきている共通した理由が存在します。

 

ビタミンB2不足の原因例:

ビタミンB2と上記に挙げたビタミン類やミネラル類が不足していたり、大きく欠乏していたりする際の原因として考えられているのが、穀物と小麦粉を含む食べ物の過剰摂取です。

穀物というとお米が最初に思い浮かびますが、玄米の場合はビタミンB群を豊富に含みますので、白米を食べている人にビタミンB群不足は多いのではないでしょうか。

また、小麦粉はご存知のとおり、パンや麺類、スナック菓子やスイーツなどに幅広く使用されていることからも、多くの人がビタミンB群が欠乏しやすい環境下にあることは一定の理解ができます。

特に多くの小麦粉の場合にはたんぱく質のグルテンが体内で炎症の原因になったり、炎症が進んだアレルギーや花粉症を引き起こしたり、腸管漏れで知られるLGS(リーキーガットシンドローム)にもつながることが報告されていることからもアレルギー体質や季節の花粉症が出る場合には、体内で炎症が発生していることからも注意が必要といえます。

 

唇や足のかかとをはじめとする乾燥肌や肌荒れなどが気になる場合には予防として、ビタミンやミネラル不足の原因になりやすいそれらの食べ物を2週間程度でも控えてみることで何か変化が出るか試してみることもおすすめです。

また、野菜や果物、豚肉などビタミンB群を豊富に含む食べ物を積極的に取り入れてみることもおすすめです。

 

 

参考にした情報:

エリック・バーグ医学博士のビタミンB2欠乏に関わるレクチャー

アクセス日:2016年7月29日

 

関連するおすすめ情報:

 

アレルギー反応予防におすすめの食べ物と避けたい食品

 

LGSリーキーガットシンドローム(腸管壁浸漏症候群)の原因と見分け方とおすすめされる栄養素

 

 

 

甲状腺

コルチゾール(ホルモンバランスの崩れと副腎疲労)

自己免疫疾患とグルテン
カンジダ菌感染予防とプレバイオティクス

トランス脂肪酸を減らして良い脂質を増やしたい理由